FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2021年4月7日(水)
「教室日記」

プロとアマチュアの違いは、なんだろう。
今回は、そういう話をしてみよう。

お金が付いて回るのがプロで、付いて回らないのがアマチュアとするのが、世間一般的な区別だろう。
そのほかには、知識・経験が豊富、考え方・取り組む姿勢がしっかりしているなど挙げられる。

絵の世界またはアートの世界では、お金を基準に考えることはない。
ほとんどのプロがお金を稼げないからだ。
お金を基準にすると、ゴッホやゴーギャンは、生涯、アマチュアだったことになる。
基準にするのは、知識・経験・技術・考え方・取り組む姿勢だろう。

しかし、この基準だと絵のことが分からない人には、プロかアマチュアか判別が難しい。

では、一般レベルでは絵のプロは、分からないものなのか?

私がオススメする方法は、

「この人はプロだ」

と思ったら、それでいいと思う。
アマチュアがプロメッキしても、いずれ分かる。
絵のことをよく知らない人でも、本物か否かは、何となく分かるものだ。
人一人騙せたら、騙した人は、ある意味プロということになる。

というもとで、プロとアマチュアの違いは、説得力の違いと言えそうだ。






スポンサーサイト