FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2018年4月3日(火)
「教室日記」

桜もこの一週間で咲き始め、満開になり、散り始めた。

まこと、季節の移り変わりは早い。

教室も先週の木曜から昨日の月曜まで5連休。
5週目休みと、定期的な休みとがクッツついた。

今日からまたいつも通り始まるが、すでに新年度。

キッズ教室の子供達が、一学年上がる。

これを中々覚えない。
騒いでいる子を注意する時、名前ではなく、学年で呼ぶことがある。

「そこの3年生! 静かにしなさい!」

「先生! 4年だよ!」

と、言われてしまう。


子供は、アッと言う間に、大きくなる。


特に男の子は、声変わりするので、久しぶりに教室に遊びに来ると、かっての面影はない。
まして、タメ口が敬語に変わる。


今、大人教室には、T ちゃんと言う23才の女の子がいる。

以前、キッズ教室にいたことがあり、5年前に大人教室に再入会した。

この子は、私に対して、以前と変わらずタメ口をきく。

以前と全く同じ。

おそらく、年齢による変化を嫌っているのかもしれない。

ワザとやっているなと思う。

私が思っている以上に細やかな神経の持ち主なのだろう。

若い人は、分からないかもしれないが、子供の頃から知っている子が、敬語を使うと、大人は、案外ガッカリする。

距離が離れたことを実感するから。
ちょっと寂しさを感じる瞬間でもある。



スポンサーサイト