FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2018・3・13(火)
「教室日記」

教室の休みは、日曜と月曜。

その休みの日にチャリでラーメン
を食べに行くのが最近の楽しみになった。

チャリで、ラーメンを食べに行くことは、普段からしているが、休みの日は、ビール付きである。

ビールを飲んでからラーメンを食べるのが、楽しみ。

私の最近の癒やしの一時だ。


ここのところ、船橋の龍鳳飯店によく行く。
老夫婦が二人でやっている、いかにも昭和レトロの中華屋さん。

味も昭和レトロで、私の口に合う。


思えば60年以上前、当時住んでいた新宿の鳴子坂下に中華屋さんがあり、お袋がよく連れて行ってくれた。

味は忘れたが、当時のラーメンに入っているチャーシューは、八割がたがあぶら身。

肉の部分が、あぶら身の間をスジとして挟み込まれている。

弾力があり、なかなか、口の中から消えない。

このチャーシューが嫌いだったので、よく覚えている。


最近のチャーシューの進歩には目を見張る。
不味いチャーシューに出合ったことがない。

チャーシューにはどの店も、相当気を使っているのが、よく分かる。

ラーメン文化が世界に浸透しつつある現代、ラーメンの味も多種多様になったが、一番進化したのは、わき役のチャーシューなのではと思えてしまう。


戦後10年も経っていなかったあの時代では、チャーシューが美味しいか不味いかではなく、お肉を食べれるだけでもマシだったのかも知れない。

そういう時代だった。


スポンサーサイト