アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2017・6・27(火)
「教室日記」

《基本からの脱却》

  わが教室は、絵の基本を指導している。
ほとんど、基本のみを反復指導していると言っていい。

  これは、絵の描き方には、純然たるルールがあるため、ルールを覚えるための反復指導である。
  ルールとは、描写に関することではなく、画面の作り方のことが、ほとんど。

どういう作り方をするものなのか、どういうことに気をつけ、どういうことをしてはいけないか。
  そのことを、作品を通して繰り返し指摘する。


絵は、人に何かを伝えるためにある。
  そのため、効率良く伝えるための知識・技術が必要だが、
数百年に及ぶヨーロッパ美術の蓄積が、19世紀に、この知識・技術を、ほぼ、完全なカタチで作り上げた。
  今の洋画系絵画教室は、この考え方を継承している。


絵は、一人でも描けるが、このルールだけは、教わらないと覚えない。
  したがって、独学で描いた絵には、大なり小なり、視覚的に問題があるのは、こういう理由による。
  過去のヨーロッパの天才たちが、数百年掛かって作り上げた理論を、いち個人が、独学で学べるものではない。


さて、では、基本を身に付けたなら、それで、十分だと、思いがちだが、そうではない。
  実は、絵のスタートラインは、基本を覚えたところに引かれている。
基本を身に付けたら、次は、本人の夢を、絵で語る順番であろう。

しかし、この夢を語ることは、容易ではない。
  自分の夢を語ることは、自分と向き合うことでもあり、結構、難しい話になってしまう。
また、極めて個人的な問題なため、スタートラインから先は、自分一人でやるしかない。

  しかし、同時に得るものも大きい。


自分を表現したいと願う気持ちは、誰にでもある。
  自分の存在アピールだし、存在価値の確認でもある。
ある者は、スポーツで、ある者は、バンドで、歌で、ゲームの得点で、コレクションで。

  酒を飲み、クダを巻くのも、ある意味、自己認識、自己アピールと言える。
とにかく、気分が良く、楽しいのである。
  世の中で、自己表現ほど、面白く、満足感のあるものは、そうザラにない。

絵のスタートラインから先は、そういう世界でもある。




スポンサーサイト