アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2017・4・4(火)
「教室日記」

  一昨日の日曜日に、船橋市の海老川沿いの桜を見に行った。 

上野公園は満開だというのに、船橋市は、まだ、まばら。  海老川の桜も二分咲きか、三分咲きといった案配。
  ちょっと、お花見気分ではなかったが、気の早い連中が、あっちこっちで、ビニールシートを敷いて、宴会たけなわ。
屋台もしっかり出ているので、ようやく、お花見気分になる。 

  ビール片手に、ホタテの串焼きをほおばる。 
私は、初めっから屋台目当て。 桜は期待していなかった。 

  自宅マンションは1階で、庭を出たところに小さな公園がある。 
周りに桜の木が植わっているので、その桜の咲き具合から、海老川も同じだろうと考えていたら、当たっていた。


  桜は春の訪れの象徴だし、新年度の象徴。 
満開の桜は、常に人を和ませ、元気づける。 

  まこと、桜は良きかな。 

そんな気分にしてくれるのは、桜だけではと思えてしまう。 

  日本に生まれて良かった。 

毎年、春にそう思う。




スポンサーサイト