FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2016・6・28(火)
自画像・縮小
田屋 優  「自画像」  アクリルドローイング

「教室日記」
(作者作品紹介)

  早いもので、今週金曜日は7月だ。 

早い! 早すぎる。 桜が咲いたばかりだというのに。
 
まだ、梅雨ではあるが、お天気の日は、やけに暑いので、梅雨なのか夏なのか、分からなくなる。
  夏の雨の日が続いていると言ったほうが早いかもしれない。


今回から秋まで、日記を間に挟みながら、作者作品紹介をしようと思う。
  今年の大人教室の「会員展」出品作品の紹介である。

第1回目は、私の自画像をご紹介しよう。


  今年の会員展に、2点出品したうちの一つだ。 12号くらいの抽象画と今回の約6号の小品の2点である。
  高知麻紙にアクリルで描いた。


私は、過去に何枚か自画像を描いているが、ほとんどが鉛筆画で、着色して作品化したものがない。
  それで、一度描いてみようと思っていた。

自画像と言っても、普通に描きたくないわけだ。 

  できるだけ、崩したいと考えていた。 

描き方は、パズルを作り、それを解くのが、わたし流。

  パズルを作る意味は、画面にできるだけ要素を突っ込む。 要素で分からなければ、画面上に色々な変化を作る。 色だったりカタチだったり。

  これをできるだけ突っ込むのがコツ。 

しかし、意外と突っ込めない。 そのため、その日の作業が終わると、スマホで写真を撮り、自宅パソコン画面で、次の作業を考える。 
  スマホだと簡単にトリミングできるし、左右反転も簡単なので便利に使っている。 

  自宅パソコン画面で、縮小したり拡大したり、反転したものをチェックしたり、様々なことをやりながら、次のアイデアを捻り出す。
  それを繰り返して、画面を飽和状態にする。 

飽和状態にした画面は、混沌として、およそまとまりが付かない状態になる。 ほとんど、どうしたらいいのか分からなくなったら、パズルが完成する。 
  もし、パズルがすぐに解けるようだと、パズルが完成してないことを意味する。

パズルが難解なほど絵が良くなる可能性がある。 これは、過去の経験から言える。

  パズルが完成したら、画面上の一つ一つをチェックし、一つ一つ整理していく。 絡んだ糸を関連付けていく。 

  今回の自画像もそうやって描いたが、6号の小品なので、それほど複雑なパズルは作らなかった。

  パズルは画面が大きいほど面白い。 気が狂いそうなパズルが私の目指しているものなので、大きいほど、気が狂いやすいワケだ。

  それを格闘しながらも何とか整理すると、どうやって描かれたのか全く分からないほど、複雑な画面になる。

  これが面白い!

パズル作りはシンドいが、パズル解きは、名人を自任している。 
  まあ、ゲームの達人と言ってしまおう。 今までに解けなかったパズルはない。 


さて、今回の自画像は、似ているような、そうでないような、賛否両論。 実年齢より若いとか、色々なお言葉を頂戴したが、私が描きたかったのは、

「妄想する田屋」

  だった。


実際、田屋は妄想の中に生きている。 制作している時の話。

  それで、妄想には、一抹の気だるさがほしいと考えた。 
気だるさは、倒れ掛かるイメージ。 崩れかかるでもいい。
  そのため、向かって左目を少しだけ左にずらした。 左に首を傾げているので、左目が気だるくなった。 

  背景は、妄想。 モヤーとした中に田屋の顔が浮かび上がる。

かくして、妄想の中で、気だるく崩れかかる田屋の自画像が完成した。




スポンサーサイト