fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2016・5・17(火)
「教室日記」

  最近、気に掛かることと言えば、まず、今、描いている絵のことが一番に挙げられる。
  どう仕上げるか、思案中である。

毎回、新しい試みをする。 初めから描けそうな絵は描かない。 描けそうな絵を描いても意味がない。
  描けるか、描けないか、ギリギリを狙って、初めて面白い。 
絵は、余裕を持って描くと、それが絵に出てしまう。

「余裕を持って描きましたー」

  という絵になる。 

まあ、間抜けな絵になってしまうということ。
  制作は、汗水垂らさないと、決して良くならない。 
たまには、音楽を掛けながら、鼻歌まじりに絵を描きたいが、中々、そういう機会に恵まれない。


  次に気に掛かるのは、テニスの錦織のこと。
今後の成長が気に掛かる。
 
  つい先日の、マドリードオープンの準決勝を見た感想では、ランキング1位のジョコビッチとほぼ互角に闘っていたのが、印象的だった。 
  
  あのクールなジョコビッチが、自らのミスプレーに、声を上げていた。 
そうとう緊迫した試合だったのだろう。 プレーにも表情にもそのことが、うかがい知れた。
 

  ところが、一週間後の一昨日早朝に、また、ローマで対戦。 また、準決勝。 
今度は、ほぼ互角ではなく、互角だった。 第3セットのタイブレークまでもつれ込んだ。
  
  マドリードでは、ストレート負けだったが、ローマでは、1セット取った。
ポイント数では、ジョコビッチが112、錦織が111なので、僅か1ポイント差で負けた。
  次に対戦したら、錦織が勝ってもおかしくない。 

今後が非常に気に掛かる。

  
  あと、気に掛かるのは、アメリカの大統領選候補者争い。 
 
これは、ニュースを見るたびに気に掛かる。
  
  誰が気に掛かると言えば、言わずと知れたトランプさん。

初めは、皆、冗談で出馬したと思っていた。
  問題にしない評論家もいた。

しかし、勝ち進むにつれ、冗談ではなくなった。 今や共和党の指名候補者の筆頭になった。

  あららー!

私もこれほど、アメリカの大統領選に注目したことはない。
  政治オンチの私が、今や、クリントンさんを応援している。
少なくとも、不動産屋のオっちゃんよりは、政治的思考をするだろう。


  駆け引きをすることを、政治と言うことが多い。 
私の認識でも、政治とは駆け引きを意味する。 
  駆け引きをするためには、「読み」が物を言う。
先を読み、関係を把握し、選択し、決断する。 

  有名人が、知名度を利用して、政治家になることは、私的には笑止千万。 
情熱だけで、誰にでもできるなら、政治家なんていらない。
  できると思うこと自体、オカシい。 

政治家もプロ集団なのだ。 だから、政治が得意な人間が永田町に集まる。
  新宿に、その方面の人間が集まるのと同じ理屈だ。
 

したがって、毒舌だけで大統領を目指すのは、いかがなものか?

  トランプさんは、集まる場所を間違えている。


特に、アメリカが好きというわけではないが、万一、トランプ大統領が誕生したら、アメリカ人に同情する。
  
  オバマさんが、アメリカの国力を落とし、トランプさんが評判を落とす。 
やってられない。


  21世紀に台頭するのは、中国だと予見した識者が、20世紀にいた。 

19世紀がイギリスで、20世紀がアメリカ、21世紀が中国なら、だんだん、品格が落ちていく。 
  この伝で行くと、22世紀は北朝鮮かもしれない。


まあ、どうせ、生きてないから、さすがに、このことは、気に掛からない。



  
[READ MORE...]