FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2015・10・27(火)
権敬姫(縮小)
会員 権 敬姫 油彩画

「教室日記」
(作者作品紹介―11)

  一昨日、六本木に行ってきた。
古い友人が、ライブをやるので、見に行った。 

  MAX50人の店とのことなので、多くを誘わず教室スタッフ3人で、六本木交差点のアマンド前で待ち合わせ。
  私は、少し早く出掛けて、国立新美術館で開催していた「独立展」を鑑賞した。 



  実は、私は、若かりし頃ドラムを叩いていた。 
18才から30代中頃までやっていたが、絵を本格的に描くことを理由に辞めた。
  その時の仲間のライブだった。

前原と柴田。 

  他にもバンド仲間はいたが、特にこの二人は、若かりし頃、ほとんど一緒に過ごした仲間だった。

  午後3時過ぎに開演し、8時終了。 お店の入り口には、「内輪のパーテイー」と貼紙してあり、一般客は、入場できない。 
  入場料2000円払うと、あとは水も出てこない。 飲み物、食べ物すべて、持込みの面白い企画だった。 企画したのは、どうも前原らしい。 
  彼が、世話役として動き回っていた。

バンドは三バンドだったが、前原(バンマス)バンドが一番良かったと、私の連れが言っていた。
  もちろん、素人バンドだが、キャリアが長いし、ステージ慣れしていた。

後半、三バンドのセッションがあり、前原にドラムを叩くよう要請された。 だいぶ、ビールを飲んでいたし、ドラムセットに触るのは、30年ぶりだった。 


「ウソッ!!」


  連れの K 君、大場、北山さんは、話のネタができると興味津々。 


結局、2曲叩いた。 
  リズムは刻めるけど、オカズを入れると、シドロモドロ。 

普段、机を叩いたりしてるが、ステージ上では、力いっぱい叩くので、細かい動きに手がついていかない。


「ありゃりゃ!」


  久しぶりにしては、上出来と皆に言われたが、アルコールが入っていて良かった。 

  赤面の至り、ここに極めり。 





  さて、作者作品紹介11回目は、権 敬姫(クオン キョンヒ)さんの油彩画。 

権さんは、2012年12月にお試しし、2013年1月入会。 そろそろ在籍3年になろうとしている。
  よく一緒に飲むことが多いため、3年以上いるような気がする。


韓国の方で、在日10年は超えたらしい。 そのためか、日本語は、読み書き、会話にほとんど問題がない。 
  大変快活な方で、いつも教室に元気よく入って来る。 前回、ご紹介の笠原さんとは、同じ駅に住んでいて、よく二人で食事に行くと言っていた。 
  権さんのほうが年上なので、姉御のような接した方が面白い。




私の知る限り、権さんが1回だけ日本語を間違ったことがあった。
 
  ここでバラしてしまおう。 権さん!ゴメン!  


土曜日の夜に、若い人の飲み会があった。 10人ほどで飲んでいた。 
  
  権さんが韓国人気質の話をしている時、こう言った。




「韓国人は、肉体的だから・・・」




  肉体的???




全員が固まった。 話が繋がらず、頭が真っ白になってしまった。

  その時、一人が言った。


「もしかして、大陸的のこと?」


  全員大笑い。 


何となく、ホッとした。 権さんみたいに日本語が達者でも間違える。 
  わずか10年で日本語を完全にマスターされたら、中学校以来英語を勉強させられながら、未だに未発育のこっちの立場がない。





  さて、権さんは、昨年の10月に、フランスに一週間の油彩修行に行って来た。 
そういうツアーがあるらしい。 その際、ホームステイしたフランス人一家へのお礼のつもりで描いたのが、今回ご紹介の作品である。

  その居間の写真から絵を起こした。 天井も高く、いかにも洋間といった素敵な居間である。 
  この作品で、神経が払われたのが、光。 

前回の笠原さんの絵、5回目でご紹介した内藤さんの絵同様に、光と影が重要な意味を持つ。
  しかし、この作品で特に注目したいのは、部屋の明かりが点いているが、日中である点だ。
 
  絵をご覧頂けると、窓の光が、右側から差し込んでいるのがお分かりだろう。 白っぽく。 そして、天井の照明は、黄色っぽく、辺りを照らしている。 
  明らかに、光量の違い、光質の違いが絵の中で、見事に描き分けられている。 そのことが、絵の中に状況効果としてリアリテーをもたらしている。


  そもそも、今回の作品は権さんらしくない。 権さんは、これほどカチッとした絵を描くタイプではないが、一家への贈物として居間を選んでしまったので、厄介な透視に付き合う羽目になった。
  透視とは、二点透視のこと。 パースである。

そのため、定規を使うような作業の連続だったが、時間を掛け、一つずつ丁寧に仕上げていった。 
  今後、このようなカチッとした絵を、もう一度描くかは分からないが、権さんにはいい勉強になったと思う。

  自分の好きな描き方をするのは結構なことだが、正反対の描き方を知ることは、大いに意義があると言える。
  絵が膨らむのである。
 
したがって、権さんにとって苦手な絵であったが、ここまでしっかりと描き切ったので、得たものは大きかったと思う。




  今年の会員展には、この絵の写真を出品した。 会員展のあった5月末前に、その一家が来日したので、実物は、その際に贈ったためである。


  そのフランス人一家が、権さんの感謝の印を喜んだのは、言うまでもない。






スポンサーサイト