FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

15木下瑞穂
会員 木下瑞穂 油彩画

「教室日記」
(作者作品紹介―4)

  作者作品紹介4回目は、木下瑞穂さんの油彩画である。

木下さんは、長いこと水彩画を描いてきた。 先にご紹介の坂元さんと同じ頃に入会。 やはり、古参の会員だが、まだ、20代。
 
  色々とチャレンジしたいのだろう、  2012年11月に水彩画から油彩画に転向した。

  水彩画の時と同じように、初めは模写から入り、今回初めて写真から絵を起こした。 
  倉敷の景色である。

油彩画で、初めて写真から絵を描くには、色々問題が起こる。
倉敷の川辺の商家は、余りにも日本的な景色なため、油絵制作には、そもそも向かないという問題。




  人が、油彩画をどうイメージしているのか、分からないが見当はつく。 おそらく、19世紀の後期印象派辺りを油彩画として、イメージしていることだろう。 ゴッホ・ルノワール・セザンヌあたり。
 
  ルネッサンス以降の写実的な描き方と、印象派の描き方はそもそも違う。 
16世紀のルネッサンス期の描き方は、正確な輪郭線を描き、それから着色していく。 まず、輪郭線に重要な役割がある。 
  一に輪郭線、二に着色の順番は、16世紀・17世紀・18世紀を通して、絵の当然の描き方として発展していくが、19世紀初頭の画家であるドラクロワが、この輪郭線を壊してしまった。 

  非難ごうごうであったことは、察するに余りあるが、以後、輪郭線の重要性が薄れていったことは確かだった。 
  こうして、印象派へと突入し、絵の描き方そのものが変化したが、その描き方が現在の洋画の基本的な描き方として定着している。 
  つまり、描き方において、少なくとも日本の洋画界では、印象派以降の描き方が洋画の描き方としている。


  その描き方が、日本の風土や景色と馴染まないのである。 線が細過ぎる。 繊細過ぎる。 など、洋画のどっしりとした骨太の景色が日本の場合、非常に少ない。 

  有名な倉敷の川辺の景色は、私も訪れたことがあるが、しっとりとして歴史を感じる場所である。 
  ここを油絵で描いてみたいと思っても何ら不思議はないだろう。 

ただ、あまりにも日本的な景色であるため、描くとなると、描き方の選択肢はあまりない。 印象派以前の輪郭線重視の描き方か、印象派、特に後期印象派以降の描写重視の骨太の描き方かの二つになる。
 


  油絵発展途上の木下さんには、描写重視の描き方は荷が重い。 したがって、輪郭線から入るしかない。
  ただ、そうなると、どこまで、景色の輪郭線を描き込むかという問題が起こる。 この場合の景色とは、画面の半分を占める建物の景色のことである。



  屋根瓦の向きにしろ、窓の格子にしろ、一つをキチッと描くと、後は、それに右へならいして、全てをキチッと描くハメになる。 輪郭線を選択すると、そういう面倒が待ち受けている。

  

  木下さんは、透視に気を使いながら、屋根瓦の向きを丹念に描き込んだ。 時間は掛かるが、後々のためには、止むを得ない。  

  しかし、それが、功を奏して、キチッとした商家の景色が出来上がった。 ここが一つのポイントだった。 
  抑えるところを抑えれば、あとはラフに描いても、なんとかなるもの。 


それで、下半分が、いわゆる油絵の描き方になった。 それほど、細かくは描いていない。 
  ただ、細かく描いてないだけで、荒いのとは違う。 船に当たる光の加減、水への映り込み、波の描き込み方等、細部に亘って、細かい神経が払われている。


  かくして、繊細さとラフさが融合した倉敷の景色が出来上がった。



絵の描き方のルールは、実にシンプル。 たった一つ。 


「画面上に気になるところを作らない」


  これだけである。 

主題があり、それを支える脇役がある。 それらを効率よく鑑賞してもらうためには、余計なものは排除しなければならない。 画面上に気になるところを作らないわけだ。

  今回の木下さんの絵の中には、無駄なものはない。 全てが必要であり、必要なものしか描かれてない。



  絵をよくご覧頂けると分かると思うが、非常に細かいところまで、神経が行き届いている。 それなのに、景色から受ける印象は、とてものんびりとした情景である。

  絵は、こういう風に描くもの。


そのことを感じ取ってもらえたら、ありがたい。






スポンサーサイト