fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2013・4・23(火)
ネット水彩画テキスト6模写見本画・背景ー2(9夕焼け空

通信講座水彩画見本
<教室日記>
(芸術談義)

  世に芸術論というものがあるが、これほど理解しにくい論理も稀であろう。
 
なぜ、あんなに難しく書いてあるのか、いつも不思議に思う。 確かに、芸術は分かりづらいし、一般的ではない。 
  まして芸術の持つ感覚的な面が説明しづらいので、書き手は四苦八苦するのだろうが、学者や評論家の学問的論理立ての芸術論は、やさしい表現は、努めて避けているようにも見え、難解この上ない。
  絵画における芸術論も五十歩百歩で、芸術を理解しようとして読む方には、お薦めできない。 余計、分からなくなる。 

  学生時代、友人が、芸術について語ったことがある。 

「芸術とは、精神および作品が昇華された状態のこと」

  まあ、当たってはいるが、だから、何だよ! と凄みたくなる。 
芸術に興味のない人が、「意味分かんねー!」 と言ったとしたら、そっちのほうが、よほど興味深い。

  そもそも、芸術論には、おかしな点が初めから含まれている。 
芸術論は、過去の芸術的に評価された作品を地盤として、語られるべきものであろう。 だから、名作を分析した分析論から、芸術論が発生しないと、芸術論は成り立たないはずである。 
  しかし、名作は、常にオリジナりテイーに溢れている。 独創的であり、個性的であるため、伝達性において優れている。 だから、歴史に残るのだが、なぜか芸術論の中に、このオリジナリテイーの話は登場しない。 
  ここが、おかしいのである。

芸術の基本は、オリジナリテイー。 このオリジナリテイーが面白い。 面白いから分析する。 その分析が、一つの論理を生み、芸術論になっていく。 つまり、元は、面白さ、独創性、個性、オリジナリテイ。 
  しかし、論理展開するうちに、いつのまにか、この個人的な不確定要素は削り取られ、論理が一人歩きする。 誰にでも共通する概念に置き換えられてしまう。 ここで本末が転倒する。

  のだが、まあ、そうは言っても、オリジナリテイーを含めて一般論として芸術を論理展開することは、不可能に近い。 オリジナリテイーは、作家の個人的資質なので、微視的世界。 芸術論は、哲学と一緒で俯瞰論なので、巨視的世界。 ミクロとマクロ。 一緒に論じるのは、難しい。  

  それで、オリジナリテイーを除いて芸術論を展開したとしても、難しい問題が次に控えている。 
  芸術は、非常に感覚的なもので、芸術のもっとも重要な部分は感覚的なため、これもまた説明が極めて難しい。  
  芸術とは、「芸」(魂)と「術」(技術)とでできている。 説明可能なのは、「術」の部分。 しかし、「芸」については、感覚のため説明困難。 そのため、芸術論には、時代を超えて、様々な人々が挑戦する。 「芸」の部分をすんなりと説明しようとして論客達は、たゆまない格闘を試みる。 それで、字数が増し、言葉が増し、表現が増し、増し増しになって、難解な説明へと突入していく。 

  芸術に難しい講釈はいらない。 簡単にしよう。 
まず、面白いこと。 これが一番大事。 どんなに崇高な考え方に基づいていても、つまらなければ、伝達力は落ちる。 次が魂だが、これはあって当然なのでワザワザ言うこともあるまい。 するとその次に来るのは技であろう。 芸術は、技がないと成り立たない。 
  小さな子供の絵は、面白く純粋なので、小さな子供の絵を絶賛することは、よくあること。 芸術の半分以上の構成要素を満たしているが、技がないため、芸術とは言わない。  

  さて、というところで、まとめてみよう。 芸術とは、技が繰り広げる面白さのこと。 先の友達の言葉を付け加えると、

「芸術とは、技が繰り広げる面白さを昇華させたもの」 となる。 分かるだろうか。
  芸術について、私には、この言葉で十分である。 

ある人が、言う。

「芸術とは、爆発だ!」

  個人的極論であるが、これはこれで、端的で、分かりやすく、面白い。



<ボランテイア活動をしています>
公益NPO各団体の支持を得た活動です。

通信講座テキスト一部を実費(500円)で、提供します。
対象者:おおむね60才以上の方・障害のある方・12才以上大学生まで。
● デッサン講座・水彩画講座・パステル画講座
● お問い合わせ : taya@art21japan.jp (コピーして下さい)
● 注意     :教室お問合せと混同するので、件名は「ボランテイアお問合せ」でお願いします。

スポンサーサイト



テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術