fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<アート一口講義25>2012・4・24
ネット水彩画テキスト5見本画・静物

通信講座水彩画見本

「画材屋さんに出入りせよ」

  画材屋さんに行ったことは、あるだろうか? 
絵を描くには、道具が必要である。 その道具の知識は、絵を描く者にとって、知っておかなければならないことだろう。 仮に、自分が普段使っている道具は、慣れているので、ある程度知っていたとする。 しかし、他の道具、例えば、他のメーカーの絵具だったり、他のメーカーの筆だったり、知らないことは多そうだ。 道具を変えただけで絵が良くなることはある。 
  その点、絵の道具はハッキリしていて、高いものは、まず、良いものと考えて良い。 絵具に関しても、高い絵具は、発色が素晴らしかったり、深みがあったりで、ほしくなること必至だが、とりあえず、知っておくだけでも良い。 
  そのためにも、画材屋さんに出入りして、暇つぶしに色々と見て歩くことも、絵のウチと考えよう。 

<教室日記>

  教室の受講料金は、年齢的な区分けはしていない。 おそらく、それはどこでもしていないだろう。せいぜい、シニアクラスがあって、料金がちょっとやすいとか。 しかし、それもいかがなものか。 運営する側の私情をはさめば、年齢分けして、料金を高めに設定したいところである。 
  なぜなら、手の掛かる相手の料金を上げたいと思うから。 つまり、小学生未満と60才以上と70才以上。 早い話、わがままを言う年代である。 小学生未満が手の掛かることはお分かりだと思う。 
  例えば、5才児が3人いると手一杯になる。 これを単純に小学生に置き換えると7~8人くらいの忙しさ。  お金を多く取りたくなる所以がここにある。
 
  では、60代はというと、やはり手が掛かる。 もちろん、この年齢は人によるが、入会したばかりの人が、受講予約もしないで、いきなり教室に来たことがある。 入会したばかりの人ということは、入会の説明をしたばかりの人ということ。 予約して受講して下さいと説明したばかり。 
  さすがに注意したが、「すいません」と言って、席に付こうとした。 結局追い返したのであるが、本人のいい訳は、予約が面倒だったらしい。 行ってしまえば何とかなると思ったのではないか。 魂胆が、見え見えだったので、追い返した。 この年代によくあること。 
  「めんどくさい事は、イヤ!」 その人が、教室に来た最後となった。

また、注意されると、本人に非があっても腹を立てる。 始末が悪い。 50代がギリギリで、60代になるとこういう人が増えてくる。 いきなり来たおば様も、腹を立てて帰って行った。 

  70代になると、教室のお知らせは読んでくれない人が出てくる。 読まないくせに文句は言う。 また、退会する時に、「しばらくお休みします」と言って辞めていく。 こういう辞め方は、通例なので、こちらも分かるが、体調不良をしきりに言うと思ったら、以後出て来ない。 本人は、退会を申し出たつもりでいる。 指導に行っている老人ホームで、何例かあった。 しかし、体調不良が単なる日常会話だったりするので、ややっこしい。  いまだに、対策ゼロ。

  まあ、小学生未満は、発展途上の子供たちなので、いずれは発展するだろう。 それに、親御さんの負担を考えると、料金の倍増は、望みづらい。 しかし、60才以上の方は、ひたすら逆発展途上なのだから、料金の倍増は、妥当かも。 
  と、暇な時に夢見た話。

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術