FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<アート一口講義3>11/11/01(火)
「デッサンを描く姿勢」
  
  デッサンを描く上で、大事な点は、視点の固定である。 目の位置が動かないのが望ましい。 一番いけないのが、視点がいくつもあるデッサンだ。 時間の掛かる作業なので、姿勢が崩れる。 崩れに任せて描いていると、視点がいくつもできてしまう。 したがって、要領としては、背筋を伸ばし、首だけを左右に動かす。 人形のような首の動きがそれである。
  しかし、この姿勢は、描き始めのカタチを掴むまでのことで、描き込む時は、前かがみになる、足を組むなど、多少の姿勢の崩れは問題ない。 初めから、だらしなく描き出すのは、デッサンをする認識に欠けると言える。 そういう人は、まず、デッサンとは、何か? から始めたほうが良い。




Nブログ講義3カットFC2縮小





スポンサーサイト



テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術