FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アート講義(番外編・総合) ‘11/08/30(火)
<描写技術と制作技術の違い>

  さて、5回目のアート講義をしてみようと思う。 
絵の話は切りがないが、たまたま頭に浮かんだので、書き留めることにする。

  今回は、「描写技術と制作技術の違い」について、話すことにしよう。

描写技術と制作技術については、研究所レベルでも何度か取り上げた。 
  わが、教室の研究所で指導するのも、描写技術ではなく制作技術である。 

初めて聞いた方のために、簡単に説明すると、果物を果物らしく描けるのが描写技術、その果物を色々組み合わせて、果物画として、仕上げまで持っていく段取りが制作技術。 
  描写技術は感覚中心、制作技術は思考および経験中心と分けることができる。 

描写技術も制作技術も、ここでの便宜上の呼び方であるが、そもそも、市販の絵の指導書で、考えることも技術だと書いている本は、皆無だと思う。 しかし、明らかに一つの技術だとの認識から、私は制作技術と呼んでいる。
  制作技術の捉え方が、意外と難しいので、今回は、制作技術をできるだけ噛み砕いて説明したいと思う。 

  例を挙げよう。 ある人が果物画を描こうと思い立って、描き始め、描き上げるまでに感覚と思考が、どのように絡むのか。 ハイブリットカーが、ガソリンと電気を交互に使いながら走るのに大変良く似ている。 
  制作の部分部分をズームアップして、感覚として感じている状態と、思考として考えている状態とを分けてみよう。 
 
  仮にAさんが、リンゴを手に取って、これを水彩で描いてみようと考えたところから始める。 


<リンゴだけを描いても、しょうがない。 他のものを組み合わせよう。 リンゴ三つにバナナの房を、足の付いたフルーツ皿に乗せよう。 下にランチョマットを敷き、リンゴを一つだけこぼれたように、フルーツ皿の脇に置く。 これでいこう>・・・・・(思考)
 
<下に置いた一つだけのリンゴを、フルーツ皿の脇ではなく、手前に置いてみる。 どうも、置く位置が難しい>・・・・・・・・・(思考)

<始めに、全体的に薄く水彩絵具を塗る>・・・・・・・・・・(感覚)

<リンゴは、最終的にどのくらいの濃さにしようかな?>・・・(思考)

<一通り描いたが、背景はどうするか? 白のまま残すか? 色を塗るか?>・・・・・・(思考)

<背景は、白のまま残すことにしたが、そうすると、ランチョマットはアクセントとして、もう少し派手な方が良いかな?>・・・・・・・(思考)

<だいたい、仕上がったので、全体的な色合い・濃淡をチェックしてみる>・・・(感覚)

<何か、足りないな>・・・・・・・・・(感覚)

<何が、足りないんだ?>・・・・・・・(思考)

<カタチだ! カタチが足りない>・・・(思考)

<似たようなカタチなので、ちょっと違ったカタチを付け加えよう。 何が良いかな? そうだ。
フルーツナイフをランチョマットの上に乗せよう>・・・・・・(思考)

<ランチョマットは描いてしまったので、あとからフルーツナイフは、描けないよな? さて、どうしよう?>・・・・・(思考)

<しょうがない、ランチョマットからはずして描こう>・・・・(思考)

<よし!描けた。 全体的にもこれで良し>・・・・・・・・・(感覚)


  と、いうことでようやく、水彩の果物画が仕上がった。 
  
上の例でお分かりのとおり、感じることと考えることが、頻繁に繰り返されている。 
  上の例だと、回数で言えば感覚と思考は、4対10。 全体の回数を全部数えても、おそらく考えている回数のほうが圧倒的に多いはずである。 
  つまり、制作は考えながら描くと言っていい。 そのくらい考える回数が多い。
これだけ考えているのなら、絵の描き始めから体系立てることもできそうだ。 と、考えるわけである。 結果、制作技術と言う話になる。

  制作技術の考え方は、制作は基本的には、制作技術という大枠の中にあると、考える。 
  制作の始まりを、着想とすると制作技術もそこから始まる。 絵が仕上がれば、制作技術もそこで終了する。 
  つまり、冒頭で述べたように、制作技術は制作の骨組みとなる段取り技術のことなので、 描写技術は、制作技術の中に組み込まれた技術と捉えている。 

  リンゴ1個が上手く描けても作品にはならないことは、お分かりだろう。  リンゴを上手く描くのが描写技術であるが、それだけでは作品にはならない。 他のものと組合わせて初めて作品としてのボリュームが出る。   その組合わせ方、出し方もやはり技術と考えるのが、制作技術の考え方である。

  が、しかし、技術と捉えなくても、絵は完成する。 普通の人は、制作技術という概念がないので、事実上、「描く」・「考える」を無意識のうちに繰り返し、絵を仕上げることだろう。 それは、それで良いのだが、私が言いたいのは、制作にも理屈があるということ。
  
  感覚には理屈がない。 したがって、分析不可。 しかし、「考える」ことには、理屈が付けられる。 理屈があるなら分析もできるし、分析すれば、今後の方針や、失敗の対処もしやすい。
  制作の未知数を理屈で、できるだけ整理できるなら、そうしたいし、そうすべきだろう。
  行き詰るたびに、頭を抱えても、無闇に混乱するだけである。 制作は、どっちにしろ迷い事から逃げられない。 

  制作は、闇の中を歩くに等しい。 それで、闇を歩く技術がほしくなる。
それが、制作技術。 つまり制作するための技術という考え方である。


田屋のアート講義は、‘09/4/23(木)を以って終了しました。

「研究所レベル」・「大人コース(中・上級)レベル」・「大人コース(初級)レベル」・「キッズコース」・「高齢者のための絵画指導」の五講義(各60テーマ)は、左欄のカテゴリーで、閲覧出来ます。

スポンサーサイト