fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

田屋の休日(日)<日記> ‘09/2/22(日)
   この間の金曜日に、わが教室のイラストの先生、大野まみ先生が入選を果した、「チョイス」の「イラストレーション2009ザ・チョイス大賞展」を見て来た。
   銀座「伊東屋」の9Fギャラリーで、明日の23日(月)午後6時までやっている。

まみ先生の絵が出ていると言うので、見に行ったが、まみ先生の言うとおり、印刷で見るのと原画で見るのとは、大違いであった。
   イラストレーションは、本来印刷されて、なんぼの世界である。しかし、これだけ原画が良いと、公に発表する形が、印刷媒体というのがもったいないと思った。

   当然、選りすぐられた作品ばかりで、その質の高さは相当なものであるが、美術界の世界から見ても、その自由さが面白かった。絵画の世界では、注意されるような構図も、イラストレーションにすると有りとなる。
   これは、雰囲気とセンスだけで成り立つ絵があるということである。

興味のある人は、明日が最終日なので、急がれたし。
   見て損はなし。お薦めの発表展である。

スポンサーサイト