fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

子供はどの能力が優れているか? <キッズコース>‘09/2/20(金)
   さてさて、このこと、どう思われるか?
もちろん、絵の話である。

   普通に考えると、感性面が大人より数段優れているように思うが、どうだろうか。一つ一つ当たってみよう。優れているところを見出せれば、そこが大人と子供の絵の違いと見ることが出来るし、そこを伸ばしてあげようと、指導方針にも役立つ。

   まず、絵を描く上で、重要な要素を挙げてみよう。

一つ目が、前述の感性、二つ目が発想、三つ目が技術、そして四つ目が努力であろう。これは成人の場合を想定している。マシな絵を描くための条件である。

   この中で、子供に当てはまらないのは、三つ目と四つ目であろう。技術はないし、努力もするとは思えない。

   すると、一つ目の感性と二つ目の発想が残る。では、これを以って、子供が大人より優れている点かであるが、どうだろうか?

   確かに感性は、子供らしい感じ方というものがある。
しかし、それもせいぜい小学校に上がる前の4才から5才ぐらいまでである。大人では想像も付かない絵を描くのが、この頃で、以前にも書いたが、天才かもと思ってしまう。大人は絶対にマネは出来ない。

   逆に、発想面は弱く、アイデアらしいアイデアは、ほとんど見かけない。感性だけで絵を描いていると言える。
   小学校に入ると、ひたすら大人に向かって成長していくので、感性面は弱くなる。
   逆に幼児と違って、発想面が豊かになっていく。

子供らしい発想はここで出てくる。
教室のメニューにアイデア漢字と言うのがある。漢字一文字か二文字をアイデアでもって変えてしまうのである。
   簡単な例で言うと、「雨」と言う漢字を、アイデア漢字では中の四つの点々が、雨粒になっているとか。

   汚い例で申し訳ないが、私が大声で笑ってしまったのは、小学5年生の女の子Mちゃんが描いた「犬」である。犬の右上の点が、犬のウンチになっている。

   また、小学2年生の女の子Hちゃんの「手」。 手の平の絵が大きく描いてある。
左手の内側である。そこに手のシワの代わりに、「手」という字を描いている。それがシワに見えるし、まさしくアイデア漢字である。
   このアイデアには感心してしまった。

   ということで、「子供はどの能力が優れているか?」の私の答えは、幼児期は感性、小学生は発想となる。

   どうだろうか?

幼児期の僅かな期間、人は一生に一度、描写の天才になる。が、これはこの能力を伸ばすという問題ではない。
   すると、絵の教室としては、小学校に入ってからの発想を鍛えることになる。人生において、アイデアが浮かぶか、浮かばないかでは、人生を大きく左右するといっても過言ではない。

   何をするにしても、アイデアは必要である。
そこで、結論。 子供は、アイデアを鍛えよ!

スポンサーサイト