fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

たまには版画 <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘08/10/29(水)
   たまには版画はいかがでしょう。

版画は、年賀状の時にやっているという方も、いらっしゃるかもしれませんね。
   版画は道具が必要だと、そう思っていますか?

版画は、版ですので絵を描く気楽さとは、やはりちょっと違います。版を作らないと版画にはなりません。

   絵を描く時は、絵具とスケッチブック、それに水彩なら水があれば、それでOKです。
   版画は、絵具も版画用の絵具だし、紙もひょっとして、スケッチブックとは違うものだろうし、それに、版を作らなければならないしと、難しいことばかり考えそうですね。

   さて、版画はそんなに難しいのでしょうか。

やってみましょう。

   まず、何を描くか決めます。ベランダの花にしましょう。
描くものは決まりました。とりあえず、スケッチしましょう。色を塗り出来上がり。
   水彩だとここで、終了です。

でも、版画にするには、これからになります。
   ここで、版画が、印刷の範疇に入ることを思い出しましょう。つまり、印刷ですから、同じものが二つ以上あることが、条件になります。

   同じものが二つあるんですよ。魅力的ですね。ベランダの花が、一つではなく、同じ花が、いくつもいくつもあることになります。
   それが、版画なのです。絵の楽しみが倍増しませんか?

版画とは、同じものが二つ以上あることが、定義だそうです。
   では、どういう版にするか、ここが問題になりますね。

版には、色々な版があることは、ご存知だと思います。一番一般的なのは、木版です。版木を掘り、その凹凸を利用して版にします。
   木版は、凹凸の上のところに絵具がのりますが、凹の溝に絵具をのせる版もあります。エッチングです。
   エッチングは、凹の溝に絵具をのせてますので、紙に転写する時は、相当な圧力をかけます。プレス機がそれです。

   あと、水と油のはじき合う特性を利用したものとか、絹の目の細かさを利用したものとかありますが、いずれも、大変そうですね。
   一番、簡単そうな木版でさえ、版木を掘らなければなりません。

さて、どうしましょうか。

   同じ掘るなら、もっと柔らかいものを掘りたいということで、野菜を掘るやり方があるのは、ご存知でしょう。
   さきほどの、ベランダの花のスケッチを、トレーシングペーパーに写し取り、裏返しにして、野菜の断面に糊で貼り付けます。例えば、サツマイモの断面に。
   それを、掘って版の出来上がり。いわゆる芋版です。

野菜の版は、水分の多い大根などは絵具の色が綺麗に出ずらい。それで、水分量の少ないサツマイモあたりになるのですが、
   逆に大根やサトイモなどは、絵具が荒れて、面白い効果があるかもしれません。

   でも、もっと、簡単な版もあります。

素材をそのまま使うやり方です。下絵を版におこすのではなく、素材に直接色を塗り、それを組み合わせて、絵にするのです。
   そんなに沢山は作れませんが、版画には変わりありません。一枚一枚が少しずつ違ってしまうのは、かえって面白いし、ご愛嬌です。

   実は、これを皆さんにお勧めしたかったのです。

用意するものは、絵具とハサミかカッターナイフです。
   白菜やキャベツをハサミかカッターナイフで切り分け、色を塗り紙に転写する。要領は、それだけです。

   あとは、切る分ける形や、どんな素材を使うかによって、色々なバリエーションが楽しめます。葉っぱを切る、またはそのまま。ワリバシを使う。糸を使う。アイデア次第です。正に美術の原点、もの作りの原点ですね。

   少ない道具、簡単な版作り、豊富なバリエーション。良いこと尽くめです。必要なものは、好奇心。

   そんな版画は、いかがでしょうか?

スポンサーサイト