fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

失敗したらその上から描け <大人コース 中・上級レベル> ‘08/10/24(金)
   絵に失敗は付き物である。失敗の仕方にもよるが、失敗したと思ったら、その後どうするかは、大事な話である。

   失敗すると大抵の人は、描き直そうとする。
初級レベルの「デッサンは、最後まで仕上げる」でも、書いたことであるが、描き直したい気持ちも分からなくもないが、描き直したからって、同じところで失敗しない保証はない。
   また、同じところで失敗したら、疲れるだけである。

失敗の程度にもよるが、直せるものなら直す。直せないものなら、それを直して練習する。その方が、単純に描き直すより発展的であろう。

   描き直す人の心理は、綺麗に描きたいということだと思う。折角描くなら、綺麗に仕上げて残したい。そんなところだと思う。
   しかし、失敗するということは、技術が足りないのか、運が悪いのか、何かの原因があるはずである。
   その原因を確認しないで、ただ描き直すのは、性急というものである。

そこで、デッサンの描き方が参考になると思うので、ここで紹介しよう。

   デッサンは勉強である。練習画といってもいい。
デッサンは、より実体に近づけようとするため、何度も訂正を繰り返しながら描く。一回で線や形が取れるようなら、デッサンをする必要がないし、意味がない。

   つまり、デッサンは訂正することに意味がある。お分かりだろうか?

デッサンを失敗したからと、書き直していたら、それは綺麗に仕上げることが出来るかもしれないが、デッサン本来の目的とは違ったものになってしまう。勉強ではなく、ただ、綺麗に描きたかったという目的である。
   この目的は、何の意味も持たない。

デッサンは、練習画と初めから納得しているからいいが、作品となるとそうもいかないのが人情であろう。
   それは、そうなのだが失敗したと思ったら、デッサンの勉強のやり方を思い出してもらいたい。

   繰り返すが、絵に失敗は付き物である。失敗したと思ったら、その絵は、どう描いても自由なはずである。何のプレッシャーもない。
   それを放っておく手はないのである。途中まで描いた絵があるのに、すぐ描き直すことはない。

   途中まで描いた絵の失敗した所はちょっと直して先に進めば、その先が勉強できる。そして又失敗したら、又ちょっと直して、又先に進む。そうやって、最後まで行く。そうすれば全体の流れも掴めるし、失敗しそうな箇所もチェック出来る。

   それから、描き直せば良い。

このやり方は、絵の制作では極めて当たり前のやり方である。
   絵の制作は、その方法論において、人が思うほど繊細ではない。もっとタフで、合理的である。ちょっと失敗したからと、メゲるようでは、恐ろしくて絵が描けないのではないか。

   もっとタフに考えるべきである。失敗したらその上から描く。そういう考え方が出来れば、失敗は怖くなくなる。

スポンサーサイト