fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

先を急ぐな アートQ&A<大人コース(初級)レベル> ‘08/4/18(金)
   「急いでは、事をしぞんじる」という言葉がある。

何事も、平常心が大事であるとの、戒めであるが、このこと、絵にも通じて言えることである。

   なぜ、急ぐか?

   例えば、絵が仕上がりそうなので、早く仕上がったところを見たい。それで、急いで仕上げる。それで上手く行くなら問題ないが、そうはいかない。そういう時は、意地悪にも、急いだための支障があるものである。

   「九十九里を以って半ばとす」という、また別な戒めがある。

古来、急ぐための失敗を、戒める言葉は、沢山ある。それほど、人は急いでいるようである。

   絵の世界においても、気の利いた戒めは少ないが、「急ぐな!」ということは、万国共通である。
   このこと肝に銘じよう。

例えば、わが教室で水彩をやっている人がいて、描き始め、中盤、終盤と段階を経ていく時、難しい絵は、二ヶ月ぐらい掛かることがある。
   当然、二ヶ月近く経過すると、早く終わらせたい。終盤に差し掛かった頃から急ぎ始めるのである。気持ちは分かる。痛いほど。でもここが、踏ん張りどころである。

   趣味で絵を描いているからといって、いい加減にしていい理屈はない。やはり、キチッと仕上げなくてはいけないし、本人もそのことは良く分かっている。
   ということは、キチッと仕上げる意識が働いた瞬間に、作業は仕事になる。趣味が趣味を超える瞬間は、こういった終盤に訪れることが、珍しくない。

   絵の先生としては、はやる気持ちを鎮めるアドバイスをすることになる。
「ここからが、勝負」とか、「ここからは、一歩一歩、慎重に」とか、水彩の場合は、アドバイスが頻繁になる。
   難しいのは、失敗をさせるタイミングである。失敗しないと絵は上手くならない。そうかといって、最後の最後で失敗するのは、トラウマになってしまう。失敗させながら、失敗させないのが、講師の経験ではないかと思ったりもする。

   油絵の失敗は、グライダーの墜落に似て、徐々に落ちる。失敗は失敗であるが、ダメージも少ないので、また、飛び立つことが可能である。
   水彩は、ジェット機の墜落である。ストンと落ちる。あっという間に落ちるので、ダメージも大きい。

   いずれにしても、生徒さんには失敗してほしい。失敗しないと上手くならないことは、明白である。私が、生徒さんより絵が描けるのは、山ほどの失敗をしてきたからに、他ならない。

   一度も親に怒られたことがない子供が、どう育つか考えてみれば、お分かるだろう。
   この子が、初めて人に怒られた時を考えると、恐ろしい。

   先を急ぐなかれ。失敗を恐れるべからず。格言は、色々である。しかし、人が、絵が、熟成していく経過には、こういった先達の言葉どおりの人生がある。

   それは、常に戒めであるし、失敗から学んだ教訓である。

スポンサーサイト