fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

田屋の休日(月)<日記> ‘08/4/7(月)
   今年の桜も終わりを告げようとしている。早いものである。この先、暖かくなるというより、どんどん暑くなるといったほうが、早いのでは。
   時間が早い、季節が早いと、最近、よく思う。

先週の土曜、中国人のお嬢さん(多分)、がやって来た。最近入った中国幼児、4才のS君のいとこである。4才児のいとこといっても、りっぱな女性であり、綺麗なお嬢さんであるが、S君の母親と一緒に来て、2:30分からの教室を見学した。

   他の子の作業を見て、上手だねと言う。
「日本は、小学校に何才から入りますか?」「6才!早いですね。中国では8才です」「中国では、学校の先生も、絵の教室の先生もとても厳しい」「先生は、子供好きですか?」
   
   私は、少し間を取ってから、「子供は、嫌い」と言った。子供の前で、子供が好きですなんて、言いたくない。人間が素直でないので、そう言った。

   それを聞いていた、小学、今度3年生のAちゃんが、「エー!!」と言い出したので、「冗談!冗談!」と言い直させられた。中国お嬢さんも、そうでしょうという顔をする。
   
   5年前には、大人しか教えたことがなかった、大人専門の絵の先生は、今や子供の先生としても、プロフェッショナルになったようである。

   ただ、腹が立つのは、子供たちの中でも、とりわけ生意気な小学5年生の女の子に、以前言われたことである。
   「先生の教えていることなんて、私でも教えられる。」「先生はやれというだけで、見本を見せてくれないから、本当は、絵が描けないんじゃないの」「私のほうが、絵は上手いかも」

   こう言われた時は、どう反論すればいいか、未だに答えが出ないのが、くやしい!

   さて、愚痴っている場合じゃありません。今週の予告です。火曜から金曜まで、<研究所レベル>です。土曜はエピソード。乞うご期待。
   一度、このブログを呼んでみなさい、悪たれ付いた、なんとかチャン!それにしても、生意気だよな!

<予告>

(火)思いついたアイデアはすぐメモせよ (水)絵になる絵にならない (木)絵は人を騙しているのか?(金)銃で板を打つアート (土)100の知識、1000の知識 <エピソード>

スポンサーサイト