fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

名画を見る <エピソード> ‘08/3/29(土)
   人の絵を見て、鑑賞眼は鍛えられる。

もっと言うと、比較によって鍛えられるということである。自分の絵を100回、1000回見ても、鑑賞眼は養えないということになる。このことは、なんとなくお分かりだろうか。

   感受性の極めて鋭い人間は、自分の中に基準があるということがある。こういった人間は、比較ではなく、自分の価値観を他のものに、充ててその価値を測るといったことがあるが、これは特殊な人間の話で、一般レベルでは、比較が最も有効な手段となる。

   では、その比較の対象は、何がいいか?

やはり、昔からある名画と言われるものが、その対象として相応しいだろう。絵の中・上級レベルの者でも、名画に臆せず比較してもらいたい。自分の絵と比べ、人の絵と比べてほしい。

   絵の中・上級レベルとなると、知識も増え、見る目も肥えてくるので、名画との比較は、とてもとてもと、思う人が多い。まだ、そんなレベルではないと、遠慮してしまう。
   それは、とんでもない勘違いである。絵の世界は奥深い。自分のレベルがまだそんな所にないといったら、一生、その機会はやってこない。

   絵とは、限りない夢の追求である。自分の夢を追うために、人は絵を描く。その夢は、自分だけのものであり、自分以外の人とは、一切関係ない。

   まだまだ、というなら、それこそ、まだまだですよ、と私は言いたくなる。そういうことではない。過去の名画といわれるものは、宝石箱の中身なのである。それに、憧れ、身をやつしてこそ、絵を描くものの態度というべきである。

   名画には、身を投げ出しなさい。どうやっても勝てる相手ではない。何百年の結晶を一個人がどうのこうの言えるものではない。そんなことより、身を投げ出して、心酔して、そこから見えるものを探りなさい。どんな名画も時代を背負っている。その時代に生きた天才たちの残したものである。現代に置き換えられるはずはないのである。

   それは、時代を刻んだ金字塔であり、闘いの結果であるが、現代においては、やはり過去のものでもあるに過ぎない。それは、確かな事実である。
   現代に生きるものは、その時代に生きたものたちと、同じようにその時代を刻まなければならない。名画を見るとは、これからの、自分を模索する手段であるし、エネルギー源である。

   だから、まだまだと言ったことは、口にしてはいけない。 絵の中・上級レベルのとは、美術に深入りしつつある人たちのことである。そのことを自覚してほしい。

   これから本当の美術が始まるのである。

たとえ趣味で描いていても、趣味だからと言って逃げることは、すでにできない。逃げれないところに来てしまったことは、あなた方一人ひとりが、すでに自覚していることであると私は考えるが、どうであろうか?

スポンサーサイト