fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

色足し算 <キッズコース> ‘08/3/20(木)
   火曜に通う「ま」ちゃんと、水曜の振り替えで来た「み」ちゃんは、同じ小学校の5年生の同級生で仲良しである。「み」ちゃんはよく火曜日に顔を出す。いつも一緒に小学校から直接教室に来て、ほとんど共同作業みたいに絵を描いたり、工作したりする。

   二人とも絵が上手で、私の言うことは、なかなか聞かず、一筋縄ではいかない。
   何もいわなくとも、勝手に何かやりだす。教室としては、こういった創作意欲は歓迎する。ただ、癖になるので、その日のメニューは、一応説明する。

   「これを、やりなさい」と釘は刺すが、ほとんどその通りにやったためしはない。
自分らで、アイデアを出し、アレンジしてしまう。私は、渋い顔をするが、その実、好きにやらせている。
   創作的な行為を邪魔するほど、野暮ではない。

ある時、長く紙をつなげ、色見本みたいに、端から順に色を塗ったものを作り始めた。初め、何してるんだろうなと思ったが、いつものことなので、気に留めなかった。いつも通り好きにやらせていた。

   大体、形ができたところで、「それは、何?」と尋ねた。「色足し算」と、「ま」ちゃんが答えた。
   よく見ると、初めの一色から、次の色を足し、また、足していく表であった。つまり、混色の表であった。

   私もこれには、かなり驚いた。この子達は、学校で習う算数感覚で、色の足し算をしたのである。1+1=2の、単純足し算の延長である。
   算数では、どんなに足しても数字の組み合わせが変わるだけであるが、色は違う。この子達は、そんなことはお構いなしに、混色したが、ちゃんと順に足すと、色の持つ秘密にたどり着く。

   色は、三原色と混色によって成り立っている。その僅かな分量によって、微妙な色が生まれる。実際にやってみても、ホントは、明度や彩度が落ちてうまくいかないが、理屈はそうである。
   やはり、絵具の製造元の機械による混色は、明度・彩度ともに落とさずに色を混色するので、自前は遠く及ばないが、理屈は合っているので、そうする行為自体は、正当である。
   
   「色足し算」と、「ま」ちゃんが事無げに言ったが、その行為の意味するところは、とても意味深い。豊かな、小学生らしい発想に実に私は、仰天していたのである。
   「ヘエー!!」というのが、私の漏らした感想であった。

   子供は、思わぬところから真実に迫る。それは、大人たちの想像を超える。大人のアイデアってなんだろうかと考えてしまう。我々大人、いや、絵の関係者として、アイデアをもう一度考え直したほうがいいのかもしれないと、そこまで、考えてしまった。

   そんな衝撃を私に与えながら、「ま」ちゃんと、「み」ちゃんは、セッセと仕上げて、「先生! 出来たよ!」と言った。「面白いのが出来たね」と、私は言っただけである。どおせ、説明しても分かりはしないし、調子に乗るのがオチである。

   それは、経験から分かる。

スポンサーサイト