fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

田屋の冬休み(12月22日/土~1月10日/木)
   教室は冬期休講してます。この間の講義はお休みです。日記のみとなります。

1月15日(火)から「大人コース 中・上級レベル」で再開し、また、一週間ごとに、「高齢者のための絵画指導(入門編)」、「研究所レベル」、「大人コース初級」、「キッズコース」と続きます。よろしくご愛読を。


<12月28日(金)・日記>

   今日の夜、8時から防犯パトロールがある。年末なので、頻繁にしようということである。明後日は、都内の親戚の家に、行く用事がある。行く時は、たいてい千葉の新鮮野菜をみやげに持って行く。これが、一番喜ばれる。

   環七を車で西へ。久しぶりに大好きな環七である。帰りは夜なので、環七ソング(勝手に命名)の鈴木雅之を聞きながらのご帰還になるだろう。鈴木雅之は、環七でしか聞かない。夜の都内でしか合わないことを発見した。
   一度、夜の千葉(特に田舎道)を走りながら聞いたら、全く合わなかった。エンヤがなぜか、夜に合わないのと一緒である。エンヤは、よく晴れた日の、広い田舎道が一番合う。不思議だ。私だけか?

   さて、話が戻るが、都内の野菜は、高い。毎日冷凍肉だけのほうが、余程安い。健康ブームの昨今、新鮮野菜の確保は、高くつく。
   私の住んでいる、旭町は、田舎町と呼ばれるぐらい、周りは、畑である。農家がやっている、取立て野菜の販売所の方が、コンビニより近い。コンビニまで、5分、販売所まで、30秒。家のすぐ裏の公園の隣が、そうである。

   南に5km行けば、東京湾。船橋港があり、水揚げされている。この、自然環境が、私を(女房殿もそうだが)、この地に釘付けにしている。

   因みに、「船橋」の由来であるが、「船橋」という橋があるわけではない。その証拠に、14号(千葉街道)の船橋駅近くには、「船橋橋」という、くどい名の橋がある。「船橋」は地名である。
   そしてその由来は、ハッキリしないが、一説には、東京湾に向かって船橋を南北に縦断する海老川を渡る時に、橋のない場所では、船を渡して、橋代わりにしたらしい。それで、「船橋」。
   ほんとは、小型舟の「舟橋」かもしれないが、大型船の「船」にしたのは、作為的ではないか。「舟橋」では、こじんまりしちゃうもんね。

   予報では、旭町の今夜は雨。ここらも最近、空き巣、車上荒し、車泥棒、タイヤ泥棒が、頻繁である。旭町は土地がガラガラなので、だから、狙われるという理屈がある。泥棒にとっては、逃げやすい。
   ぜひ、防犯パトロールを実行しましょう。雨にも負けず。風邪にも負けず。

そういえば、風邪はいつの間にか、治った。

スポンサーサイト