fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

絵は、なんの役に立つか。 <キッズコース>

   5歳の男の子を伴って、見学にやって来た母親に、そう質問された。   


愚かな質問である。母親のかねてからの、疑問を、私にぶつけてみたのだろう。  なんでもそうであるが、役に立つと思ってすることが、どれほどあるか。野球やサッカーをやって、なんの役に立つか疑問である。女の子のバレーやピアノなど、もっと不思議である。足や指が太くなるだけではないか、と思ってしまう。  


   男の子の母親と女の子の母親では、大きな違いがあると、私は実感している。女の子の母親は、子供が絵が好きだから、習わせたいと、理由が明白である。今のその子の希望を優先させる。男の子の母親は、ちょっと、違う。  好きだから習わせたいとする、母親は少ない。今の子供の希望ではなく、将来的なことを考えての、今の母親の希望というのが、意外と多い。例えば、ヘタだから、将来上手くなるように。  


   ヘタだから、絵を習わせたいと希望する、女の子の母親に会ったことはない。なぜなんだろうか。  女の子には、本人の今の感覚を大事にする、男の子には、これから先を大事にする、ということなのだろうか。つまり、男の子には将来的投資の意味が含まれているのだろうか。  


   男の子の母親が皆が皆、そう考えているとは、もちろん私も考えてない。そういった傾向があるということであり、それは、間違いなさそうである。  さきの母親の愚かな質問は、その最たるものであろう。


   私は、はっきり言います。  絵を習うことに、投資的要素は全くありません。好きか嫌いかがあるだけです。  好きならば、その子が自分で大事なもの、人生にとっても、その子の絵にとっても、大事な何かを、掴み取ります。理屈で絵を習っても、何も掴むことはありません。 


   わが教室に子供さんを連れて来るなら、本人の希望を優先させて下さい。絵がたいして好きでもない子は、結局騒いだり、何もしなかったりで、迷惑千万です。


スポンサーサイト