fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

「デッサンが基本」は、本当に正しいか?-3/5 (三章)
            [ただ今、9/4(火)より連載中]

  昔から、基礎的勉強をしてない絵を、ナイーブアートとして位置づけ、マイナーなアートとされてきた。代表的な作家は、アンリールソーである。ナイーブアートはアカデミックなアートの対極にあるとして、区別されてきた。

  アカデミックなアートとは、大雑把にいうと、ピカソ以前の絵の考え方を言う(ナイーブアートと比較したら、どれもアカデミックであるから)。保守的で改革を好まない。ピカソがそれを打ち砕くのだが、なぜか、この考え方はその後、20世紀、21世紀と百年以上も面々と引き継がれ、具象絵画に、今でも燦然と光輝いている。
 
  この考え方は、当然デッサンを基本としている。では、対極のナイーブアートは何を基本としているのであろうか、おそらく感覚そのものを基本としているのではないかと考える。(ナイーブアートの取り扱いは適切ではないが、目をつぶってもらいたい。対極の象徴としての扱いであり、筆者の勝手な事情である)
 
  そこで、絵の構造について少し解説する。粘土で、例えば人間が立っているところを作ろうとする。まず、しっかりした骨組みが必要である。その上から粘土を付けていく。
骨組みがないと、粘土がグニャリと曲がってしまう。この骨組みがデッサンである。粘土は感覚。(この、例えは、その時の、組み合わせにより変わるので、あしからず)

  この感覚は一般に軟らかく、もろい、だから、骨組みがいる。
前述したように、絵はメッセージである。この感覚を効率よく伝えるために、デッサンが開発された。しっかりした骨組みに粘土をつけて人の形にする。この、形がメッセージとなる。この方法がアカデミックな方法である.

  では、デッサンを無視した絵が、存在するということは、骨組みはないのか?(つづく)


スポンサーサイト