fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

ボアンカレ予想  <エピソード> ‘08/12/13(土)
   数学の世界には、魔物が住んでいる。

NHKのBSを見ていたら、そんな魔物の話をしていた。NHKの特集番組である。

   20世紀の数学の巨人、ボアンカレが、一つの予想を立てた。
ロープを付けたロケットを宇宙に放たち、宇宙を一周して地球にたどり着いたとして、ロープを全て回収出来たら、宇宙は丸い、回収出来なかったら、宇宙は真ん中に巨大な穴が開いている。
   宇宙のカタチを知る手掛りがあるとしたのが、ボアンカレ予想である。

凡人には、縁のないことであるが、話としては面白い。
   この予想は、結局、出題した本人も解けないまま、他界した。

しかし、この予想は、数学界に大きな難問として残った。
   番組では、この問題に立ち向かった各世代の様々な人々を紹介している。皆、優秀な数学者ばかりで、天才の名を戴く者達である。

   ロープが途中で捻じれる問題が解決しないとか、それを解決するために、宇宙の構造を変えてしまうとか、見ていて面白い。
   一生をこの問題に捧げた人々の紹介が続く。
ある数学者は、息子が数学者になりたいというので、息子にある簡単な問題を出した。これが解けたら数学者になれると。

   結局、息子は、どうしても解けないと、父親に言う。
その父親が出した問題が、ボアンカレ予想だった。父親が言いたかったのは、数学の世界には、魔物が住んでいる。

   この問題が解ける解けないに、一生を費やす数学者の生き様が凄まじい。
数式だけで宇宙のカタチを算出するのは、我々、一般人には理解を超えている。 想像力とは、凄いものである。想像力と数式に長けてないと、出来ないことだけは分かる。

   結局、この問題は、あるロシア人青年によって決着を見せる。ペレリマンである。

   16才で数学オリンピックに参加資格をとった彼は、物理学にも長けていた。彼は、この問題を数学と物理学との両方でアプローチした。
   アメリカのさる大学にて、彼によって、この謎解きが公開された。

公聴した数学者達は、仰天した。見慣れない物理学の記号が出てきて、理解できなかったのである。
   数学者達にとって、悪夢の日となった。

長い時間を掛けて、解答が検証され、認定された。
   生涯を賭けて、この問題に挑んだ天才数学者達の見果てぬ夢は、こうして幕を閉じた。

   この偉大な業績を残した青年は、その後、公の場に出ることは、ないとのことである。逃げるようにヒッソリと暮らしているらしい。
   一体、彼に何があったのであろうか。陽気だった性格は、一変し、人との交流を避けるようになり、陰気になった。

   番組では、やっとその後の彼を探し当て、彼の元恩師が訪ねようとして断られた。

   元恩師が、語る。

「彼に、一体何があったのだろうか? 何を見てしまったのであろうか?
   彼は、たった一人で、この難問を解決した。どれだけの精神的負担を抱えたことか。壮絶な戦いだったのではないだろうか」

   数学界には、他にも解けない難問が、いくつかあるという。
とても興味深く、面白い話であったが、恐ろしい話でもある。

   こと絵の世界では、こんな恐ろしい話は聞いたことがない。

メモリー・ウオーカー  <エピソード> ‘08/12/6(土)
   女房殿が庭の手入れをした。

雑草などのゴミが、45ℓ入りのゴミ袋三ケになった。それを、ゴミの日に捨ててくれと頼まれた。
   女房殿は、サラリーウーマンなので、私がゴミ出し担当である。わが自宅のゴミの収集日は、月・水・金。カラスが突っつくので、朝から出せない。町内会の御触れである。

   最近、教室の大人の生徒も増え、夜の予約が結構入るので、思うようにゴミが出せない。夜7時15分のゴミ収集時間までに帰って来れないのである。

   庭の手入れをした日曜日の、次の日の月曜日が、ゴミ収集の日である。この日は教室がお休みの日なので、ゴミは出せる。

   女房殿が、念のためらしく仕事場からメールを寄こした。「庭のゴミを出して下さい」。
   忘れると、いつ出せるか分からないと、配慮したのであるが、私は苦笑した。

   バカじゃあるまいし、あんなに大きいゴミを出すのを忘れると思っているのかと、笑ったが、出し忘れた。

   信じられない話であるが、玄関を出るところまでは、覚えていた。開けた瞬間に忘れたらしい。女房殿がエラク怒って玄関を開けるまで気が付かなかった。
   
   いいように怒られ、ブー垂れた。

教室のその日の授業が終了し、施錠して教室を出る時、一番気にするのが、空調である。天井に冷暖房の空調が、三つ付いている。
   これは業務用で、ガスを動力としてエンジンを動かすため、ガスをやたら食う。もし消し忘れて、一晩掛かりっぱなしでいると思うとゾッとする。

   窓の戸締り、トイレの電気など、空調同様指差確認する。
駅のプラットホームで見かける、指差確認である。電車が入る前、出て行った後、駅員が「前ヨーシ!」「後ろヨーシ」と指差して確認するあれである。
   
   「空調、ヨーシ!」「トイレ、ヨーシ!」「換気扇、ヨーシ!」と言って帰る。
何が悪いと言って、無意識での行動は、一番始末が悪い。記憶に残らないのである。
   だから、指差確認をすると、実際に電気を消したかは、思い出せなくても、確認したことは、思い出せる。
   記憶との闘いに、入った年代の要領である。

私の年代の人間は、皆、共通してこのことを嘆く。それでも、まだ60代に至ってない。
   指差確認は、今後も盛んに行われることだろう。

出掛ける前に、指差確認は、最重要確認事項として頻繁化することは、間違いない。
   「電気、ヨーシ!」「ガス、ヨーシ!」「戸締り、ヨーシ!」「火の元、ヨーシ」「財布ヨーシ!」「時計ヨーシ!」「携帯ヨーシ!」「鍵ヨーシ!」・・・・

   夜、フトンの中で、明日することで、ふと思い出したことがあり、手帳にメモしなければと思ったが、面倒なのでそのまま寝ることにした。
   絶対忘れそうにないことのように思えたが、それでも経験から、たぶん忘れるなと思ったら、忘れた。

   だから、こういう時、「あ」の付くこととか、簡単にして記憶しておく。フトンに入ってから、用事が浮かんでも困りモノである。
   そういう時の要領として、簡単にして、キーワードだけ記憶すると、思い出しやすいことに最近気が付いた。
   だが、これも完璧ではない。翌日、一日「あ」の付くことを考え続ける羽目になることもある。

   あれ?・・「イ」だったかな?

と、運悪く考え出したら、永遠の謎となる。

橋崎弘昭氏 <エピソード> ‘08/11/29(土)
   わが、教室スタッフに橋崎先生がいる。特別教室のパステルの先生である。

普段は、橋崎君と呼んでいるので、ここでは、普段通り橋崎君と呼ぼう。話を進める上で都合が良いので。

   橋崎君は、私の一番弟子である。
彼と初めてあったのは、池袋のデザイン学校で私が教えていた頃であるので、かれこれ17年も前になる。
   彼は、29才で外資系の会社に勤めていた。

それまで、絵を描くチャンスに恵まれず、30才を前にしてラストチャンスと思って、やって来たと、本人が言っていたのを思い出す。たまたま、面接をしたのが、私であった。
   橋崎君は、生徒の中で年齢も高かったせいもあり、他の生徒に付き合うより、私や、私の仲間に付き合って酒を飲むことが多かった。

   私も橋崎君も他の絵の仲間と、何回教室に泊まったか数えられない。電車が無くなって帰れないのである。
   翌日仕事のある者は、教室から出勤して行った。彼にとっても私にとっても懐かしい思い出である。
   
   彼は、初めイラスト科に所属していたが、一年もしないうちにファインアート科に転向してしまった。私たちの画家仲間の影響をモロ受けていたのである。

   その後、私がその学校を辞めることになった時、彼もしばらくして辞め、私の弟子となった。
   当時、彼を教えたくても場所がなかった。それで、私の師である映周先生と私の妹がやっていた武蔵野市の「アトリエオアシス」に彼を紹介し、映周先生にデッサンの指導をもう一度最初からお願いした。

   彼は、いきなりビーナスの木炭デッサンを描く羽目になった。映周先生は、デッサンと言えば、ビーナスしか知らないかのようである。
   こうして、橋崎君は、最難関のビーナスだけを、その後長く描くことになった。

最初のうちは、映周先生がドンドン直すので、彼も、何をどう描いたらいいか分からず、泣きが入っていたのが、可笑しかった。
   30代前半の橋崎君は、結婚して横浜に住んでいたので、仕事場・武蔵境・横浜の往復を毎週3年間続けた。その間、月に一度の裸婦クローキーもこなした。

   3年経った時、映周先生から電話があり、「もうそろそろ、良いと思うのだが、どう?」と言ってきた。
   こうして、彼は、基礎を終了した。映周先生に直接指導を受けたのは、私と私の妹と橋崎君しかいない。映周先生も80才になったので、この3人だけとなるであろう。

   当時、私は杉並区の阿佐ヶ谷に住んでいた。阿佐ヶ谷駅近くに杉並区の公民館があり、そこの工芸室で、毎週私と橋崎君が絵を描こうということになった。
   すると彼は、どうせ借りるんなら、そこで生徒さんを集めて教室を開いたらどうかと、言い出した。
   アート21杉並教室の始まりである。

今でも、映周先生に会うと、「橋崎君はどうしてる?」と聞く事がある。
先生にとっては、孫弟子にあたるが、やはり、かわいいのかなと思ったりする。

   彼を称して、ブルトーザーと映周先生に言ったことがある。決して早く走らないが、止まることなく、ゆっくり着実に前に進むという意味である。
   
   映周先生が言っていた、「よくもまあ、遠いところから、3年間も通ったもんだよなあー。途中で来なくなると思ったけどね。中々出来ることじゃないぞ」

   先生は、そう感嘆した。
橋崎君は、自らの行動で、その絵に対する情熱を証明して見せた。

   今も、ブルトーザーは、ゆっくり前に進んでいる。
17年前に初めて会ったその日から、一度も絶えることなく、燃やし続けた情熱は、深い愛情とともに今もある。

   それが、彼のペースなのである。

メモ魔の過ち<エピソード> ‘08/11/22(土)
   私は、何でもメモを取る。

手帳があって、それに、気が付いたことを何でもメモする。今日の予定・今日誰々に言うこと・尋ねること・今日中にしなければならないこと・明日すること・来週の予定・再来週の予定、来月の予定・再来月の予定・・・・・

   気が付いた時、予定が入った時など、マメにメモする。
今、書かないと以後忘れるという、考えが元になっている。

   この考え方は、私が30代にある人から、教わったことである。それまでは、紙切れにメモしたり記憶に頼っていた。
   メモするまでは良いのだが、紙切れは、どこかに行ってしまうことがあり、見つからないと大変である。
   メモする内容は、大抵頭に入ってない。だから、紛失すると内容を思い出せないことが、度々である。

   私より、五つ先輩の人が、ある時こう言った。

「手帳に何でもメモしとけば、いいんだよ」
「手帳なら無くならないし、それに、記憶に頼ると、今日何をするのか、前の日から考えてないとならない時もある。だから、いつも忘れない努力が必要になってくる。それは、無駄なことだな」

   確かに、手帳にメモすれば、記憶を書き留めるだけでなく、記録としても残る。一年前に何をしていたかを、知りたい時もある。
   
   それに記憶に頼ると、時々記憶を整理したり、確かに、忘れない努力は必要になる。
   明日すること、明後日することを、その都度手帳にメモすれば、後は忘れていても良いことになる。
   朝起きて、手帳を見れば何をしなければいけないか、すぐ確認できるのである。これは、記憶細胞の開放である。そういえば、記憶細胞を使いっぱなしであった。

   この先輩の一言は、私には衝撃であった。そういう合理的な考え方に痛く感動したものである。
   私は、早速実行した。何でもメモした。そのうち、整理して書くことを覚え、急ぎのものとそうでないもの、思いついたこと、絵のアイデア、買うもの、買いたいものなど項目ごとに書くようになった。ビジネス手帳の始まりである。

   以来今日まで続いている。溜まった手帳の数も何十冊になるであろうか。

教室をやっていると、特に手帳の必要性を痛感する。
   教室は、案外雑用が多い。それは、記憶では、とても補えない容量である。
教室を始めてから、項目も自然に増える。
   
   私は、メモすることで精神的な安定を図っていると思う。しなければならない雑用がハッキリしていれば、逆に時間も出来るのである。時間の有効利用は、具体的な予定の上に成り立つものである。
   
   それで、自他と共に認めるメモ魔になった。

しかし、便利なはずの手帳にも落とし穴はある。

   ある時、キッズコースに通う小学3年生の男の子が、無断で休んだ。翌週、なぜ無断で休んだのか、尋ねた。
   その子は、先々週、つまり休んだ週の前の週に、来週は休むと言って帰ったと言う。
   他の子が、助け舟を出した。
「先生! そういえば、そう言って帰って言ったよ」

   先生は、困った。手帳にはメモがない。記憶もない。何もないのでは、これ以上の議論は無駄である。
   なぜ、メモしなかったのだろうと思った。子供達が帰る時間なので、バタバタしており、メモし忘れたのか。

   こういう時、メモ魔は、ふと不安になるのである。なぜなら、覚えていなくて良いようにメモするので、記憶としてはまるで残ってないのである。
   だから、メモがないと相手の主張を丸呑みしないとならなくなる。

これは、記憶することを放棄したための弊害である。

   子供達が帰った後、もう一度手帳を調べた。確かに先週休んだ日には、メモ書きはない。
   だが、休んだ週の前の週、つまり、「来週は休む」と言ったその日に、「Kくん来週休むかも」というメモがあった。
   そのメモを読んで思い出した。「休むかも」だったのである。決定ではなかった。それなら、やはり無断欠席になる。

   私としたことが、休む週にメモすべきところ、言われた日にメモしたのである。当然そのことも忘れ、一週間経てば次のページになり、前の週のメモは、まず見ないものである。
   マヌケなメモである。見ないところにメモし、記憶もない。

メモ魔の過ちは、手ひどい。

言葉の伝達性 <エピソード> ‘08/11/15(土)
   テレコテレコという言葉がある。
関東の人間は、この言葉の意味が分からないと思う。

   私も、大分前にやっていたバイト先で言われた時は、意味が分からなかった。

そのバイト先に京都出身の人がいた。30代半ばの女性であるが、私に、「テレコテレコで並べてくれ」と言った。
   「テレコテレコ?」「何?それ?」
そう、私が答えると、「東京では、そう言わへん?」と不思議そうに言った。
   「テレコテレコ」とは、「交互に」という意味らしい。
   
私も、京都には一時期何度も出掛けて行ったが、「テレコテレコ」は聞いたことがなかった。
   日本は意外と広い。

これだけ、関西弁が流通していても、知らない言葉がある。
   「テレコテレコ」が、方言なのか、俗語なのかよく分からない。おそらく方言であろう。
   方言だとすると、随分前から使われていたと思うし、方言は、あまり変化しなそうである。

   しかし、これが俗語となると話が違う。なぜか、昔から俗語は、増加の一途を辿っている。

   例えば、関東地方で発生した「ダサイ」という言葉を、皆さんご存知だろう。今では、ポピュラーであるが、これは関東の方言ではない。俗語である。「だって、埼玉だもん」が縮まって、「ださい」となった。埼玉の方には、申し訳ないが、「関東の田舎者」と言う意味が、最初の意味である。

   一体、この言葉を誰が使い始めたのであろう。
私が、子供の頃にはなかった言葉である。私の記憶では、1974年頃にはすでに使われていた。バイト先の若者が使っていたのを覚えている。
   「ダサイ」が訛って、「ダセイー!」と変化させて、使っていた。

今の小学生は、「ウザイ」と言う言葉をよく使う。「うっとおしい」という意味らしい。「ムカツク」という言葉もよく使う。他に「JK」とか、なんとかかんとか、があると聞いたが、結構たくさんあって、覚え切れない。
   因みに、「JK」は「女子高校生」という意味らしいが、こうなると、俗語というより隠語である。仲間内だけで分かる暗号のような言葉になる。

   さて、一般俗語の代表的なものを並べてみよう。俗語は、品がないのが、特徴である。
   テレコテレコに近い言い方で、「テレテレ」という言葉がある。ダラダラと言う意味であるが、良い使い方はしない。
   「テレテレやってんじゃねえー!」と言う使い方をする。

似たような言葉で、「チンタラ」と言う言葉もある。これもやはり良い言葉ではないが、「テレテレ」と同じように使う。
   「チンタラ、やってんじゃねえー!」

「テレテレ」も「チンタラ」も「のんびり」を非難する時に使う俗語で、「のんびりやりましょう」と言うのを、「チンタラやりましょう」とは、言わない。

   俗語は、品のない言葉という定義がある。これは、旧態依然の制度が生み出した階級意識の産物であり、高貴なものと、そうでないもの、とを分ける定義であるようだが、別に、僧侶と俗世間を分けるという考え方もある。
   いずれにしろ、お下品なのである。

それで、喧嘩腰になる時には、「べらんめい調」のような俗語が、活躍する。
   喧嘩に啖呵は付き物だし、啖呵は、下品に限る。

「ボッケこいてんじゃねー」(ぼけっとしているんじゃない、の意)や、「ザケンじゃねー」(ふざけるんじゃない、の意))とかあるが、喧嘩の時は、怒っているぞと、相手に伝えるとともに、優勢に立つため、恫喝の意味も込めないとならない。
忙しいのである。

   「テメー!シカとこいてんじゃねー!」とか、言えば、威勢が良いが、慣れてないと、そお、ポンポン出るものではない。

   一般社会では、そんなに練習する機会はないので、啖呵は、普段の心掛けがないと、不発で終わる。
   「君!知らん顔しないで!と、言ってんじゃねーか!」と、言ったところで、歯切れの悪さは免れない。

   俗語は、正式な日本語だけでは補えない感情表現またはニュアンスを、補足する形で発生するようである。

   「アッタマー!来た!!」だって、よく考えると、意味不明である。
しかし、こう表現すると、相当憤慨しているのが、よく分かる。

   我々は、感情表現に合致した言葉を、俗語として作り出し、その足りない部分を補うことで、社会生活をより円滑に進行させようとする。一番ピッタリくる言葉を使うことにより、伝達性も高まり、意思の疎通も良くなる。十分怒っているのに、相手に伝わらないのは、ストレスが溜まるってもんである。

   したがって、俗語は人間社会においては、潤滑油のような働きをする。

「てっやんでえー! こっちとら、江戸っ子だあーい!」

   今どき流行らない言葉であるが、江戸弁と俗語の典型的な言い回しも、言葉以上に、そう言った人の出身、気風の良さ、そして人間性をも、うかがい知ることが出来る。  
   その情報は、この短い啖呵の中に正確に、込められている。そして、これから、始まる、争いごとに、一歩も引かない意思をも暗示する。

   これを、正しい日本語で言うと、
「何ですか!私は、東京育ちです!」となる。

   これは、事実を伝えているだけで、微妙なニュアンスとは、程遠い。
「あー、そうですか」で終わってしまう。

   言葉は、文化である。正しい日本語は、もちろん大事であるが、俗語がその伝達性において、一般社会に及ぼす影響は、大きい。

   ある時、キッズコースに通う小学3年生の女の子、O・Aちゃんが、私に向かって、「先公!」と呼んだ。普段、そんなことを言わない子が、怒られることを承知でそう叫んで、私に怒られた。
   もちろん、冗談で言ったのであるが、その時、私はなぜか嬉しかった。
その言葉の裏に、私に対する信頼を感じた。
   冗談でも、よほど、相手と信頼関係がないと、この言葉は、使えない。子供でも、その辺の判断は的確である。
   ヘタすれば、思いっきり怒られるのだから。
もちろん、良い言葉ではないし、一回限りにして貰いたいが、「先生!」と、どんなに親しみを込めても、伝わらないことはある。