fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

ちょっと芸術論 <エピソード> ‘09/2/7(土)
   私の大学時代、友達がこんなことを言った。

「一番芸術性があるのが文学で、二番目が絵画、三番目が音楽だ」
   何を馬鹿なことを言うのだと、思ったものである。   

当然議論となった。この順番が、彼の好みの順番と言うのが論点である。親しんでいるものの単なる順番で、芸術を語るなというのが、私の言い分。
   馬鹿な男ではない。むしろ、頭は良い方である。

それで、しばらくは内緒で、彼の言った順番について考えた。どうしてそう考えたのか?
   文学・絵画・音楽の芸術性の格付けを出来るものではない。友達は、自論の正当性を主張したが、どんなことを言ったのかは、覚えてない。こちらも興奮していてほとんど聞いていなかったのかも知れない。
   友達も若かったのである。せいぜい20才そこそこ。無茶を言っても仕方ない。今思うと相当無茶な断定である。

   例えば、フランス料理と中華料理と日本料理の格付けが出来るかである。
好みは言える。しかし、その料理としての存在価値に順番を付けられるか?

   フランス料理も中華料理も日本料理も、その存在価値においては同格で、またその洗練度においても同格と考えるべきであろう。
   その優劣を決めるのではなく、それぞれのオリジナリテイーを楽しめばいいのである。

   それが、文化というものであろう。

文学・絵画・音楽も、独自の発展を遂げ、今日に至っている。それぞれが持つ特徴は、お互いに刺戟し合って、ともにお互いが、インスピレーションの源となって、係わって来た。   
   そこに、優劣は存在しない。お互いがお互いのためにあると、言っても過言ではない。

   芸術はそもそも単独進化出来ないようになっている。文学だけが、他の芸術と無縁に発展進化することは出来ない。それは、何万、何十万の芸術家たちのクロスオーバーが生み出した結晶であるからである。

   文学者は辞書とペンと紙だけで、文学を生み出せない。画家しかり、音楽家しかり。
   頭の中から、ポンとアイデアがいきなり出てくるほど芸術は、単純ではない。

芸術は、単純から生まれない。混沌が芸術を生む。混乱した複雑な感情が混沌を生み、混沌が飽和して芸術的要因が出来る。

   その芸術的要因に、他からの複雑な因子が絡み、より複雑化していく。そして、他のジャンルからの影響が降り注ぎ、影響され、変化し、その中から発想して、一つの形が生まれる。それに、次世代の人間が影響を受け、進化させ、クロスオーバーし、また何か違うものを生み出す。

   それに、他のジャンルが影響され、発想し、その感覚が飛び火して、またさらに他のジャンルが変化していく。

   芸術とは、進化し、変化し、洗練され、発展していくものである。常に同じ場所に留まらない。様々なものを含有しながら、人々の夢の方向へと流れていく。

   その夢の行き着く先は、あまりにも遠くて見えない。ひたすら、夢に埋没するのか、繰り返すのか、破滅するのか誰にも分からない。

   ただ、芸術は、あらゆる芸術家たちの夢と情熱を抱え込みながら、熱い火の玉となって、転がって行くだけである。

   その先が闇でも、ひるむものではない。ただ、自らの衝動の中に全てがあり、理想が衝動を先導する。
   絶え間なく湧き出る魂。 絶え間なく突き進む情熱。有意義も無意儀も全てを包括して、前進する無限のエネルギー。

   それが、芸術。

アッパレ <エピソード> ‘09/1/31(土)
   世の中で、アッパレと思うことは、数多い。
イチローの米大リーグでの、8年連続200安打以上、8年連続ゴールドグラブ賞、8年連続オールスター出場は、アッパレと言うしかない。
 
   イチローは、歩くアッパレである。

タンパベイ・レイズの岩村明憲の昨シーズンの活躍もアッパレであった。よーく頑張った。

   アッパレは、漢字で「天晴れ」と書く。想像するに、単なる晴天ではなく、空が広く青く、スカッとしている様子という、意味だと思う。感嘆符も付いて。
   まことに、褒め称える言葉としては、アッパレな言葉である。

他にも、アッパレなことを、探してみよう。

   昨年、日本からノーベル賞受賞者が4人も出たことは、アッパレである。やはり、なんだかんだと言って、日本人としてウレシイ。
   また、日本人が宇宙に行くのもアッパレ、小泉首相がやりたいことやって、サッサと引退したのもアッパレ、1980年代後半のバブル時代に、土地価格が高騰した時、多くの土地を売りさばき、大儲けした茨城の土地持ちは、アッパレである。バブルの時は、普通買うことに専念した者が多い中で、売ったところが賢い。

   アッパレのこと、アッパレな人は結構多い。

身近なところでも、例えば時代劇専門チャンネルで見る、鬼平の活躍もアッパレだし、密偵たちの活躍もアッパレ、剣客商売の秋山小兵衛が絶対強いのもアッパレである。
   絶対的に強い剣客は、見ていて安心である。時々負けたのでは困る。それがリアリテイーなんだと言われては、迷惑ってもんである。リアリテイーは、嫌でも日常的な生活の中にある。

   自分の日常的なリアリテイーに我慢しているというのに、テレビドラマの中で、再確認させられたでは、堪らない。
   ロッキー・バルボアは、最後に勝つから良いのである。実際にあんな事があるわけない。だから、見るのである。
   最近見たファイナルでは、50代のロッキーが、垂れ下がった筋肉を見せつけながら、現役の世界ヘビー級チャンピオンと戦ってほとんど引き分けた。
   ここまで来ると、荒唐無稽で、口、アングリであるが、まっ、良いだろう。夢、夢である。

   話は変わるが、ケーブルテレビで、ロッキーシリーズをNO.1から続けて、ファイナルまでやっていた。嫌でも、ファイナルの時のスターローンを若い時と比べる。
   ファイナルの時のロッキーの顔を見て、最初驚いた。顔がムクんでいたのである。あーそうか、これはメーキャップだなと思った。

   戦いに備えて、いつものトレーニングを開始した時に、精悍な顔に生まれ変わるために、ワザと無様な顔にしたのだと思ったら、最後までその顔だった。
   「えッ!スッピンかよ!?」

それはそれとして、ランボーシリーズ・ロッキーシリーズとヒットメーカーのスターローンは、やはり、アッパレである。絶対的に強い剣客と同じ夢を、我々にプレゼントしてくれた。
   英雄志向、ヒーロー志向は、男なら誰でも持っている。そこを上手く、くすぐられ、上手く乗せられて喜ぶのも、また男の人生である。

   それは、それで良い。単純な手で、単純に相手の術中に落ちるのも、相手が映画ならそれはそれでいい。それも、男のアッパレである。

確固たるもの  <エピソード> ‘09/1/24(土)
   世の中に、確固たるものは、数少ない。

そんな中で、なぜか趣味趣向に、確固たるものが多い。
   味覚の話をしたら、一歩も引かないという人を、私は知っている。何が上手い。何がまずいと、断定する。
   私などは、味音痴を自認している。それで、こういう味覚について、確固たるもの考えを持っている人に、弱い。
   得てしてこういうタイプは、意見の違う人をバカにする傾向がある。魚で、タラが好きだといったら、バカにされた。タラは、下衆な魚だと言われた。

   タラは下衆なのだそうだ。タラが気の毒。

私にも、好みはある。好みの問題なら、ウンチクを聞くこともない。
   例えば、映画である。

私は、若い頃、映画が好きで映画館によく見に行った。最近はどうしても、テレビになってしまうのが、残念である。

   もっぱら、ケーブルテレビのスターチャンネルや、スタープラス・スタークラシック・ムービープラスで洋物を見ることが多い。
   SF・吸血鬼もの・ゾンビもの・スプラッタムービーなど刺激的なものが、昔から好きで未だに好んで見る。

   土曜教室に来ている、高校一年生の女の子、Sちゃんに言わせると、悪趣味だそうだ。
   恋愛モノは大嫌いである。男と女のストーリーなんて、およそ創造的でない。この手のストーリーは、納豆を食べるのに似ている。粘っこく、演技が臭い。
   私も、納豆は食べるので、納豆に悪い。

では、全然見ないのかというと、そうでもない。嫌いなので、自分からは見ないが、夜中にたまたま見ていたら、恋愛モノだったこともあり、不覚にも見続けることはある。

   最近見たのでは、「幸せレシピ」が面白かった。
これは、ドイツ映画の「なんとかの幸せレシピ」という題であったが、ハリウッドがリクメイクしたのが、セタジョーンズ主演の「幸せレシピ」。
   ドイツ映画の方を先に見たので、ハリウッド版は、珍しくワザワザ見た。

あと、ヒューマンドラマは、つとめて避けている。つまり、テーマがマジメなものや、主人公が真剣なものは、避ける。
   真剣にゾンビから逃げるのであれば見る。ゾンビと吸血鬼の恋だったら、見るかもしれない。

   美女と野獣は見ない。

色々好みはうるさい。
   映画は当たりハズレがある。「いとこのジニー」のように、全く期待しないで、ただ暇つぶしに見たら、その後何度も見る傑作もある。

   デイズニー映画は、まず見ない。ほのぼの暖かは、私には縁はない。ヒューマンドラマ同様、私には何の意味もない。そんなものを見て心を暖めるほど、暖房には困ってない。
   と、思うのだが、しかし、ウッカリ見て涙をこぼしちゃったこともある。これは、私の涙腺の問題で、私とは関係ない。

   映画には当たりハズレがある。これが、迷惑な話で、期待して見たら、大コケだったこともある。
   「バクダットカフェ」のような、黒人の女とドイツ人の白人の女の友情なんて、解説だけだったら、絶対、見ない映画であるが、ウッカリ見てしまったこともある。
   この映画は、いいですよ。バックに流れる曲の「コーリング、ユー」が切なくて、暖かくて・・・・

   話のテーマが分からなくなって来た。「確固たるもの」の話が、例外だらけである。これでは、私の「確固たるもの」が、よく分からないが・・・・

   まあー、いいか!

大野まみ女史 <エピソード> ‘09/1/17(土)
   人物紹介パート3は、大野まみさんである。
河合さん、橋崎さん、そして大野さんと続く。

   彼女は、私の二番弟子である。一番弟子は橋崎さん。
普段は、まみちゃんと呼んでいるが、イラストの先生でもあるし、ここでまみちゃんは、はばかれる。そこで、まみさんと呼ぶことにする。

   まみさんは、一言で言って、面白い女性である。かなり面白い。   
何と言ったら良いのか分からないが、純粋で、素直であり、繊細で、神経が細やかで、明朗で、豪快で、酒飲みである。そして、忘れ物の天才。決して人をムゲに傷つけるようなことは言わない。
   それだけの、人格と繊細さと優しさを持っているが、反面、ハッキリものを言う。
こんなことがあった。

話は、十年以上前にさかのぼるが、当時、杉並区の阿佐ヶ谷で、教室を開いていた。その生徒さんに、Nさんという女性がいて、私と同年輩、水彩を描いていた。

   Nさんは、母親が水彩画協会(?)に所属しているとか何とかで、その団体では、水彩はこうでないといけないとか、埒も無い話をしていた。
   美術は、ハッキリとした定義をすると、衰退する。しかし、一般レベルでは、神話化するので、結構受け入れられるのである。

   一般は、権威に弱い。

このNさんがある時、自分の持っている水彩筆は、3000円するとか自慢した。
   傍目に見ても、下らない自慢話である。まみさん、カチンと来たらしい。
当時、教室のあとは、毎回居酒屋で乾杯であった。府中に帰らないとならないNさんは、参加しない。

   その席で、まみさんが、河合さんに言った。
「あの人は、バカ野郎ですね」

   まみさんは、忘れ物の天才である。子供の頃、鍵だったか、なんだかを、ポケットから取り出したら、そこにハンカチとか、いろんなものが、全部繋がってたらしい。   
   母親が、忘れないように全部つなげたと言う話を聞いて、皆で大笑いした。
   
   いかにも、まみさんらしいエピソードである。
他にも、本人から聞いた豪傑談はあるが、ここでは言えないのが、残念である。

   話が戻るが、まみさんが阿佐ヶ谷教室に現れたのは、確か1995年の1月か、2月だったと思う。イラストのプロになりたいと言っていた。
   彼女は、初めから上手かった。すでに、経験があり、色んなものを教室で描いたが、私の専門であるドローイングを、本人の希望で描き出したのは、入会してから2、3年後だったように思う。

   ドローイングを、一から教えた。彼女は、本人の制作の中では、ドローイングが一番上手く適している。そういう意味で、ドローイングに関しては、私の一番弟子になる。
   私の絵を、もっと大胆にすると彼女の絵になる、と言ったら、分かりやすいか。

私も、雑誌の絵の仕事で、食べていた時期があるが、まみさんの絵は、自由で、奔放で、女性らしい感性に満ち溢れ、そしてハイセンスである。今の私では、かなわない。

   河合さんが、まみさんを称して、「アート21のマドンナ」と言った。私も同感である。
   これほど、見ていて楽しい人は、少ない。

最初(はじめ)の一歩 <エピソード> ‘08/12/20(土)
   私も若い時から、今のようであったわけではない。

経験もなく、技術もなく、ただ、夢見る思いだけの若者であった。
   アイデアが浮かぶが、どうしたら良いか分からないまま過ごしたのである。経験がない分、自分を持て余していた。

   誰でも、最初はある。最初は、残酷なものである。好き勝手に言う周りに囲まれて、それでも、しっかりと反論できれば良いが、そうも行かない。反論したくても、こっちの準備が整っていないので、迷いが生じて、言われっ放しと言うこともある。

   そんな中で、自分の夢を追いかけないとならない。
自分が何物か分からないのが、余計不安感を煽る。
   私は、まだ、独身で東京の杉並区の阿佐ヶ谷に住んでいた頃が、丁度そんな時期であった。
   
   6畳一間のアパートで、将来に夢を見、同時に不安な日々を過ごした。
以前にも書いたことがあるが、当時の阿佐ヶ谷は、自称何々志望が多く、若者の夢と熱気と、絶望を孕んだ場所であった。

   少しでもお金があると、安酒を飲んだ。居酒屋で石を投げれば、何々志望に当たるというジョークが、まことしやかに語られるほど、多かったのである。

   ここで、4年間過ごした。結婚後30才過ぎてまた戻って来るのだが、20代前半のこの4年間のことを、後日、当時広島に帰郷していた映周先生に手紙を書いた。

   「阿佐ヶ谷での、4年間は失敗でした。私は何も掴めず、何も得ることがなかった」
   そんな文面だったと思う。4年間で半間の押入れの下半分が描いた絵で埋まったが、私は自分の将来に絶望しかかっていた。27才になっていた。
   
   30代も平坦ではなかった。しかし夢は消えなかった。消えない分、余計苦しい思いをした。
   それでも、前へ前へと進むことしか考えなかった。前に行くしか方法がなかったのである。夢を諦めることは、すでに出来なかった。手遅れである。
   
   散々、つぱって、散々、大口叩いて、夢を諦めますとは、冗談でも言えない。
前に進んで何かを掴み取るしかない。そう考えていた。
   この頃の私は、ギラギラしていたらしい。そう人に言われて驚いたことがある。

私が、落ち着いたのは、40才に入ってからである。

   誰でも、最初はある。誰でも最初(はじめ)の一歩はある。そこから全てが始まる。
   そして、最初(はじめ)の一歩を踏み出しても、何もない。
ただ、夢だけが、ひつっこく自分にまとわりついている。だから、何もない、いわば「無」に向かって、止むをえず、最初(はじめ)の一歩踏み出すのである。

   しかし、何もない「無」から「有」を生み出すのは容易ではない。「無」の中に、自分の居場所を探さなければならない。ひたすら、探しながら時間は過ぎていく。
   これには、相当な試練が伴う。

なぜなら、人間はそんなにバカにはなれないからである。「無」の中に、何もない、何の保証もない「無」の中に、夢だけを頼りにいつまでもいられるものではない。
   普通はそう考える。
普通はそう考えるのに、幸運にも、私は相当なバカであったようで、そういう風には考えなかった。そのことが、私の人生を決めた。

   40才になって、同じようにその獣道を辿った人達に出会ってから、自分だけでないことを知った。バカは、私だけではなかった。そうなると、ある一つの世界では、そういうバカが、正当化されていく。
   「それもあり」
 
「無」から「有」を生み出すことは、容易ではない。それは確かである。しかし、出来ない話ではない。   私と同じような人間が、何人もいる以上、これからも、そういった人間が、多々出現しても不思議でない。

   制作とは、「無」から「有」を生み出すこと。何もない人間が、粘って粘った末に、勝ち取るのが、「有」である。

   そして、いつの世も「有」にたどり着くための道は、最初(はじめ)の一歩にこそある。