アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、桑原麻理子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

明日は晴れ <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/4/23(木)
   今日は、雨でも明日は晴れ、という話をしてみましょう。

絵を描いていて、いつも気持ちよく描いていたいものです。絵を描くって素晴らしいなーと思えたり、描きながら、幸せ感が味わえたら、素敵ですね。

   でも、実際は、そうでないことは皆さんが、ご存知の通りです。

実際は、そんなに気分の良いことは、稀ではないでしょうか。
   私の場合は、絵を描くことは仕事ですので、上手く行った時の喜びはありますが、楽しさ・幸せ感を感じることは、ほとんどないといって良いでしょう。

   十代の頃に感じていた楽しさは、以後二度と訪れていません。私にとって、絵を描くことは、苦痛そのものという期間が、随分長く続きました。
   それでも、続けて来たのは、「明日は晴れる」と思って来たからです。明日は、きっと良いことがある。きっと上手く描ける。そんな淡い期待が、結構何十年と続けていく原動力になるのです。

   私は、人生をそんなものだと考えています。

わが教室では、初心者の方に言うことは、「すぐ、慣れますよ」と言っています。
   初心者の方は、経験がありません。今の自分を分析するだけのネタがないのです。ですから、一度不安になると、土台からグラグラします。

   こういう不安を抱えている方に、理屈で応対することはしません。
「何度か描いていくうちに、すぐ慣れます」と、暗示に掛けてしまいます。
   また、こういう話しもします。これは、以前にも書いたことですが、始めて一年で、急激に上手くなる人はいません。
   これは、絶対にいない。

しかし、現に一年ぐらいで、最初より数段描けるようになる人は、多い。
   どういうことかと言いますと、暗示の成果ということです。

つまり、私は、暗示に掛けることによって、その人の固くなった肩の力を揉み解しているのです。
   自分には、描けないと思うから、手が動かない。手が動かないので、余計描けないと思う悪循環なのです。

   それを、「すぐ慣れて描けるようになりますよ」と、ことなげに言うと、そんなものかなと思い、肩の力が、少し抜ける。
   そのうち、少し本当に慣れて、少し描けるようになると、もう不安な気持ちは、感じなくなり始める。

   一年もすれば、手が全く障害なく動き始める。するとどうなるかと言えば、本来その人が持っているものが、素直に表に出てくる。その人が、初めから持っている実力です。
   それが、ほとんどの人が、低すぎないのです。

ある程度、皆描ける。それが、一年後の成果です。
   それを、「先生のお陰で、描けるようになりました」と私に感謝する。

先生業としては、「オイシイ」ところですが、私がどれほど優秀でも、一年で絵を描けるようにすることは、出来ません。
   その人の肩の力が抜けて本来の能力が出て来ただけです。
だから、誰でも描けるという話しをします。

   絵は、気持ち次第の作業です。描けないと思えば、描けない。描けると思えば、描けるのです。
   そういうもんです。

ですから、前向きに考えましょう。今、調子が悪くても、明日は描けるかもしれない。
   最近、ズーと絵を描いていて、気持ちが晴れることがないと、思っていても、明日こそは、良いことがあるかもしれません。

   絵を描き続けるコツは、真剣になり過ぎないこと、神経質になり過ぎないことです。
   もっと、おおらかに考えましょう。好きでやっていることには、必ず良いことがあります。
   断言します。

お天気が雨続きでも、曇りの日が続いて、うっとうしくても、いつかは、晴れ間が覗くものです。だから、信じてのんびりやりましょう。

   「明日は晴れ!」

スポンサーサイト
話題からヒントを得る <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/4/22(水)
   さて、普段の生活で、会話することは、とても大事なことですね。

会話は、情報交換という意味合いもありますが、季節の挨拶のほか、今日思ったこと、昨日思ったことなど、個人的見解を披露したり、ストレスの発散や、気分転換となり、その有意義性は、ご存知の通りです。

   これほど簡単で、効果のある方法は、他にないかもしれません。
それに、電話でもしない限り、お金が掛かりません。
   その上、絵を描くためのヒントが得られたら、申し分ないでしょうね。

では、本当に絵のヒントが得られるでしょうか?

   私の経験でお話しましょう。

これは、以前教室の生徒さんと話しをしていた時のことです。
   その方、Sさんと言いまして、70才代にようやく到達した男性です。

旅好きで最近は専ら外国に出掛けては、ツアーの合間にスケッチするそうです。
   限られた時間でのスケッチですので、とにかく速く描くそうです。

使うものは、細書き用のサインペンと、携帯水彩絵具セット。
   何枚か、そのスケッチを見せてくれました。急いで描いた時のダイナミックさ、思い切りの良さ、端的な描写は、みな良い出来でした。

   私が、着目したのは、サインペンのほうでした。
しばらく、サインペンで、絵を描くということをしていませんでしたので、その滑らかな線の動き、しっかりした濃淡、ハッキリとした力強い輪郭線に、「ハッ!」と思いました。

   以後、何度か、スケッチではありませんが、私も作品アイデアの段階でサインペンを使いました。
   始まりは、Sさんとの何気ない会話からです。こういうことって、あるのです。

また、子供教室で、子供たちと話している時に、ある子が、私に尋ねました。
   「先生!緑はどうやって作るの?」
私が答えます。「緑は、黄色と青を混ぜるのだよ」

   その子がまた尋ねます。
「じゃあー、青はどうやって作るの?」
「青は、原色だから作れないよ」

   子供には、そう答えましたが、青にも色々な種類があります。
黄色との配分量によっては、緑に近い青もあれば、明るい青、暗い青、薄い青、濃い青、紫がかった青等々、単純ではありません。

   私は、その頃、展覧会出品のための絵を制作中でした。そこに青を使っていましたが、2種類の青でした。
   子供との会話で、ヒントを得て、青の種類をもっと増やすことにしました。

このように、何気ない会話から、発想するということがあります。ヒントはどこに転がっているか分かりません。
   そう思って、会話を楽しんで下さい。万一、「ハッ!」とするようなヒントを貰ったら、それこそ、大儲けですよ。

ご年配の方々の絵画サークルですること <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/4/21(火)
   私は、ご年配の方々の絵画サークルに二ケ所、指導に行っています。

一つが市川で、もう一つが浦安です。
   いまのところ、全員が女性。
市川のほうは、かれこれ5年半になり、浦安がちょうど5年。長いお付き合いとなっています。
   初めは、市川からスタートしましたが、ここで絵手紙を始めた頃、まず絵の描き方から勉強しましょうと、毎回、果物を持って行き、絵にしてもらいました。
   そんなある日、仲間うちでも積極的に発言するKさんが、言い出しました。

「先生! 実際にあるものを写すなんて、とても出来ません」「見本を描いて下さい。それなら、出来そうです」

   これには、私も驚きました。見本を写させるという発想が、私にはなかったからです。
   絵の勉強という考え方をしてましたので、まず、スケッチみたいな練習をと、思
ってました。ですから、モチーフを置いてそれをスケッチしましょうと、そこから始めるつもりでした。

   Kさん曰く、「私たちは、これから技術的に新しいことを始めることは、出来ません。見本を写すぐらいしか出来ない」

   そういうものなのか! と、思ったものです。

以後、見本による模写に切り替えました。これを、Kさん方式と名付けました。
   それで、浦安では初めから、Kさん方式です。異論を唱える人はおりません。

いまでも、このKさん方式が続いています。見本をカラーコピーに撮り、皆に渡しますので、時間内に描けなくても良いのです。
   こうして私の見本は300点近くになりました。

今では、わが教室でも、この見本を子供たちが授業で写し、大人の絵手紙の人も写しています。

   Kさん方式は、大変優れた方式で、理に適っています。

絵を描き始める人は、色々な問題を抱えています。特に絵手紙の人は、ほとんどが初心者です。絵を描くことの他に、文章も考えないとなりません。
   色の出し方、水加減、配色の仕方、カタチの取り方、筆運びそれに文章です。

なんて、難しいのだろうと、思ったとしても不思議ではありません。

   それを、単純に見本を写すだけにすると、同じハガキ、同じ絵具、同じ筆で描いてありますし、二次元の平面を、二次元に写し変えるだけですから、ほとんどの人が、対応できます。

   そして、見本を一年も描いていると、知らないうちに、ハガキの紙質に慣れ、絵具に慣れ、水の量に慣れ、筆に慣れ、カタチの取り方にも慣れてくると、自然に自分なりの絵手紙を描き出します。
   何人もそうやって、自分なりの絵手紙を描き出しています。全員が、70代以上のご婦人たちです。最高年令のYさんは、90才を超えています。

   Yさんは、時間があると、ベランダの花をスケッチしたり、散歩中に見つけた花をスケッチしたりして、絵手紙にしています。

   Yさんが、言います。
「先生、絵を描き出してから、本当に退屈しなくなりました。ありがとうございます」
   

   水彩画をする人も、全て見本制作です。
浦安の方々が、一度、デッサンをしたいと言い出しましたので、モチーフのワインボトルと見本を持参しました。

   ところが、モチーフのワインボトルは、全く見ないで、見本をそのまま写していたのに、また、驚いてしまいました。

   「先生、お陰でデッサンを勉強できました」と、言われた時は、さすがに返事に困りましたけれどね。

味わいで描く <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/4/17(金)
   味わいで描くには、どうしたら良いでしょう?
サッと答えることが出来る人は、少ないと思います。

   わが教室でも、絵手紙がメニューにあります。しかし、筆の先っぽを持って描くようなことはしません。
   なんで、あんな持ちづらい描き方をするのか、私には分かりません。
絵画教室で教える絵手紙は、もっと合理的です。

   本来、絵手紙に本家本元はないと、私は思っています。ですから、各先生が、自分のなりの教え方をしてると見てますが、なんだか、絵手紙の本を見ると、皆が皆、持ちづらい描き方を練習するように指導しているのは、理解に苦しみます。

   絵手紙は、具体的な相手に出す伝達手段です。文章だけではなく、絵との組合わせで、伝達内容を具体化しようとする趣旨があります。
   したがって、重要なことは、何を伝達するかになると思います。

「おいしいきゅうりのオシンコを、いただきました」と、文章に書きたければ、絵としてはおいしいオシンコが描かれていてほしいですよね。

   それが、いざ、描いてみたら、スーパーで買って来たばかりの、新品のきゅうりになっては、具合が悪いのです。

   これでは、伝達失敗です。そうかといって、「新鮮なきゅうりをいただきました」と書き直せるものでもありません。

   ここは、是非とも新鮮なきゅうりを、オシンコにしないとなりません。
これが、絵的に見ると難しいところです。私は、そこを指導しています。それが、本来の絵手紙としての役割であるし、伝達効果というものです。

   ヘタでも良いという言葉があります。このことに異論はありませんが、伝達技術は必要だということです。

   さて、味わいの話ですが、なぜ、筆の先っぽを持って描くのかは、味わいを狙った描き方ではないかと、推測します。およそ描きづらい描き方です。
   きれいな線が、引けるものではありません。それで、きれいな線を引かせないために、つまり、ゆらゆらした線で、味わいの効果を出そうということだと思います。

   しかし、これも絵的に見ると、首を捻ります。

味わいは、滲み出てくるのが味わいというものです。ワザと出すものではありません。
   上手く描けない人が、一生懸命に描いたところに、つたない線の一つ一つに、味わいが滲み出てくるものです。

   それが、本来の味わいです。

また、筆達者な人が、味わいがないわけでもありません。問題は、心の中なのです。100%精神的なものです。
   絵手紙を何百枚も描いていくうちに、味わいが少しづつ、少しづつ出て来るのです。

   味わいは、一つの境地です。何百枚、何千枚と描いて、やって手に入れるものです。
   ゆらゆら、陽炎のように線を揺らせば、出て来るというものではありません。

だからこそ、貴重だし、そういう絵をいつの日か描きたいと、願うのです。
   
   お分かりいただけたと思います。
絵手紙を描くにしろ、水彩画にしろ、油彩画にしろ、滲み出て来る味わいを楽しみにして、描きましょう。
   私は、趣味で絵を描いている人で、味わいを出す人を何人も知っています。

味わいとは、その人本人が、絵の中に出て来ることなのです。ですから、年輪を重ねた方のほうが、断然有利だとは、思いませんか。

調子の悪い時 <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘09/4/16(木)
   誰でも調子の悪い時はあります。体調はもとより、精神的なこともあります。
そういう時は、どういう考え方をするか?  そんな話です。

   体調が悪ければ、絵は描かないでしょう。第一描く気がしませんね。絵を描くのであれば、気分が乗った時に、気持ちよく描きたいものです。
   だから、体調の悪い時に、絵を描かないのは、しかたないことです。

では、気分が乗らない時は、どうなりますか?
   今度は、精神的なことです。

気分が乗らない理由にも色々です。
   体調が良いのだけれども、いざ、描こうとすると、描き出す踏ん切りがつかないことがあります。
   このような場合で、前回の時に絵を失敗したとか、上手く行かなかったとか、そんなことが尾を引いていることがあります。

   上手く行かなかった後は、嫌なものです。それは、分かります。また別なものを描くにしても、テンションは下がってしまっているので、中々上がってこない。
   
   こんな場合、たいていは、この次にしようと考え、描かないことが、ほとんどだと思います。
   普通、そうなっちゃうでしょう。

もちろん、気分が乗るのを待つという方法も、悪くはありません。
   でも、こういう時だからこそ、描くという考え方もあります。

気分というものは、変わりやすいですよね。次に絵を描いた時に、上手く描けたら、一度で気が晴れるということがあります。
   もちろん、その逆もありますが、大事なことは、あまり気にしないことです。

上手く行かなくとも、明日の日は昇ると、おおらかに考えましょう。晴れた日もあれば、曇りもある。上手く行かなくとも、そういうものに対する免疫を作ることが、絵を描く上で、大切なことになります。

   私が、指導に行っています、ご年配方の絵画サークルで、最近辞めた人がおります。
   理由は、描けなくなったということらしいです。
その方は、毎回絵を描いては、私に見せてくれました。結構な年月描いている方です。

   どうして、描けなくなったかは、分かりません。
辞めた理由を、他の生徒さんに聞かれましたので、本人が私に言ったことを、そのまま告げると、「私なんか、万年調子悪いのに」と、言ってました。

   万年調子悪くとも続ける人と、調子が悪いと言って辞めてしまう人との差は、微妙です。
   気持の持ち方次第ということです。

絵の神様は、続けた者にしか、微笑みません。
   辞めてしまったら、それまでです。

もったいない。