アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、桑原麻理子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<アート一口講義28>2012・6・5(火)
Nデッサンテキスト9本科応用摸写見本画・アグリッパ

通信講座デッサン見本

「絵は誰でも描けるか?」

  よく聞く話であるが、生徒さんで、絵が上手く描けないのは、自分に才能がないからと言う人がいる。 しかし、一般的に言うと、絵を描くために、才能は必要ない。 才能とは、新しいスタイルを生み出す能力を指すので、プロの世界の話であり、一般レベルでは、好きか嫌いか、器用か不器用かが、問題になるだろう。 
  
  器用、不器用は、生まれつきなので、器用に越したことはないが、しかし、絵の世界では、不器用も個性という言い方も、またあるため、話がややっこしい。 
  
  また、絵は、基本的には技術系ではなく、感覚系なので、技術のあるなしが、絵の評価には、直接、結びつかない。 才能がなくても良く、器用でも不器用でも良く、技術は、問われない。 つまり、絵は誰でも描けることになる。 
  絵によって自分の夢を語るなら、絵の王道もそこにある。 そう考えよう。
  
<教室日記>
 
  庭のアサガオの種が芽を出した。 
毎年、この時期、アサガオの成長を楽しみにしている。 夏に向かってドンドン育ってほしい。
  夏にアサガオが咲いているのは、何となくいい。 夏らしい気分になる。 
 
  花火とアサガオは夏の花。 と思っていたが、わが家のアサガオは、なぜか、全盛期が秋に来る。 あまりにも暑い8月は、しおれていることが多く、涼しくなると活発に咲く。 一度、10月の末まで咲いていたことがあった。 10月に咲いていると、「もう、夏は終わったぞ」と言いたくなる。 ちなみに、アサガオは秋の季語だそうな。

  まだ6月なので、アサガオが咲くには間がある。 今は、アジサイ。 アジサイも植えている。 この花がお気に入りの二番目。 結構、日本人している。

  昨年、地震の影響から中止となった江戸川花火大会は、今年はやることに決まったようだ。 毎年8月の第一週目に開催するので、今年は8月4日の土曜日。 この日に合わせて、わが教室でも、アート21納涼祭を企画する。 教室の西側窓から、江戸川の花火が良く見える。 納涼祭は、子供教室と大人教室の唯一の合同イベントなので、賑やかこの上なし。

  花火が上がる午後7時15分まで、絵に因んだ景品を出すビンゴゲームや、宝くじを景品とする大ジャンケン大会をやる。 ジャンケン大会は、私と全員がジャンケンをして、勝ち残ると宝くじをゲットできる。 生徒さんに宝くじ屋さんがいて、毎年寄付してくれるのを、2枚、3枚に小分けする。 宝くじなので、皆、結構、真剣なのが面白い。 負けた人のため息が、アチラコチラで聞こえる。 

  ビールを飲む脇で、子供がチョロチョロする。

「先生! 顔真っ赤!」 

  やはり夏は、赤がよく似合う。 花火もアサガオも私の顔も。

スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

<アート一口講義27>2012・5・22
Nパステルテキスト8本科応用模写見本画・山

通信講座パステル画見本

「構図が発生する理由」

  「人の目は、四角い画面を平均して同じように見れない」と、これが、絵の根本的な考え方である。 これは、人間の目が基本なので、誰にでも共通する。 そして、平均して見れないということは、画面上に重力場が発生するということになる。 そのため、右の画面は左より重たいという考え方が、古来よりある。 これは、冗談でなく、実際に絵の世界では語られる、極、一般的なこと。 
  また、画面に重力場が発生すると、それを利用して画面を構成するという考え方も必然的に起きる。 これが、いわゆる、構図である。 構図とは、画面を分割すること。 したがって、この分割は、画面の上下左右の異なる重力場を踏まえないとならない。 例えば、画面右に大きな黒いカタマリを描けば、右に傾いてしまう。 言葉にすると難しい話になってしまうが、共通する感覚なので、誰にでも理解可能。
  
<教室日記>

  毎年、大人教室の発表会の「会員展」前は、受講が凄まじい。 会員展は、今週の土曜・日曜。
  先週の土曜夜は、17人が受講した。 これは、結構凄まじい。 夜の受講数の新記録である。 普段、それほど集中することはない。 
  その中に、「お試しコース」受講者が3人。 会員展には今年出品しない人が4人混じっている。 残りの10人が作品制作を焦っている人。 
  問題は、受講時間と作業内容。 デッサンの人と、水彩等のテーブル作業の人の組み合わせで、受講人数が決まる。 6時交代、7時交代で、やっとさばいた。 時間表を作り、時間ごとの人数を表にした。
  初めてそんなことをした。 手違いがあってはいけないと、さすがにマジメに考えた。
  午後8時30分。 「今日は、9時過ぎて作業しても良いです」と宣言。 残っているのは、会員展出品者しかいない。 「9時過ぎても良いですが、私は勤務時間外なので、アルコールを摂取するかも」と、余計なことを追加。 

  何しろ、7時からやって来たK君は、お酒を2本持って来て、9時過ぎに呑む気満々。 9時半近くになったら、若い男女が二人づつ残った。 4人とも月例会メンバーである。 それじゃー、ということで、瀬戸物に入った焼酎の封を切った。 昨年の地震の時に、モチーフとして使用していた瀬戸物の酒ビンが、粉々に割れてしまった。 
  「これ良いね」 「モチーフに決まりだな」

10時30分に皆と帰路に着く。 K君は南口のラーメン屋「しんちゃん」に向かったが、私は付き合わない。  夕食を自宅で食べることになっていた。 
  遅い夕食を済ませたら、眠くてしょうがない。 さすがに、疲れた。 

いつも混む午前教室は、その日なぜかガラガラ。 午後1時から4時までの子供教室は、ほとんどの子が運動会で欠席し、ガラガラ。  ピークが4時過ぎ。 普段ありえない。 こんなこともある。
  夕食の後、2時間くらい寝るクセがある。 しかし、その日は、朝まで目が覚めなかった。


● 大人コース「会員展」 
5月26日(土)・27日(日)午前10時~午後5時 
西船絵画教室内 (入場無料) お気軽にお越し下さい。
※絵に興味のある方は、26日(土)午後6時からのオープニングパーテイーの参加をお勧めします。
田屋が、出品作品の全作品を講評します。 参加費2000円(飲み物食べ物付)教室お問い合わせメールまたは、 090-9140-4755まで。


IMG_2002.jpg2011会員展オープニングパーテイー

1204池可会員展ハガキ作品会員 池原裕可里 アクリル画

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

<アート一口講義26>2012・5・15
ネット水彩画テキスト6模写見本画・背景ー2(9夕焼け空

通信講座水彩画見本

「自然光の大切さ」

  絵を描く場合の光には、基本がある。 太陽光が基本。 蛍光灯でも絵は描けると思っている人が、意外と多いが、これを機会に考えを改めよう。 古来より、光の基本は、太陽光(自然光)である。  光源を自然光にしか、求められなかった事情はあるが、自然光に近い光源を得ることができる現代でも、太陽光を基本とする考え方に変わりはない。 自然光に近い光源というだけで、完全ではない。 
  自然光を基本とする考え方は、時代が変わっても常に同じ条件で絵を見れるからに他ならない。 昔も今も変わらない共通の光源は、自然光になる。 したがって、止むを得ず蛍光灯に光源を求める場合は、必ず、絵の確認は自然光の元で確認すること。 これは、制作の鉄則だと思ってもらいたい。 絵には微妙な濃淡もあるが、微妙なニュアンスもある。 これらを嗅ぎ取るのは、自然光の元でないと、不可能。
  
<教室日記>

  ある日、教室に妖艶な女の人がやって来た。 油彩の「お試し」を希望している。 前日に電話があったが、日本人ではないらしく、少しかすれた声は、火曜のキッズコースに来ているY君のお母様の声によく似ている。 
  Y君のお母様は、中国の方で、達者な日本語であるが、やはり、何となく日本人のそれとは、ちょっと違う。 電話で話していると自然に、そのお母様の顔をイメージする。 
  次の日に教室に現れたその方を見てビックリ。 全くタイプが違っていた。 全身黒ずくめで、ミニスカート。 お年は、30才は超えているかもしれない。 一目でご商売が分かる感じである。 お水関係。 徹底的に化粧し尽した体から、エも言えぬ妖しげな香りが漂う。 ご挨拶と言って、箱入りのイチゴを差し出したのには、二度ビックリ。 
  結局、この方は、一回のお試しで、絵に向かないと言って、二回目は、来なかったので、判断の早さに三度ビックリであるが、ひょっとして、四度目のビックリもあったかもしれない。 それは、性別である。 もしかして、と思ったが、確かめる術は、もはやない。

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

<アート一口講義25>2012・5・8
Nデッサンテキスト8見本画


通信講座デッサン見本

「人の絵を見よ」

  絵を描くということは、同時に「絵を見る目」を鍛えないと上達は望めない。 上手く描けたとか、描けなかったとか、基準になるのは、自分自身の「絵を見る目」である。 
  他の人の絵、例えば、美術館で開催している有名な人の絵や、街の画廊で見かける絵など、その気になれば、他の人の絵を見る機会は、少なくない。 では、他の人の絵を見ると、どう変わるのか? 
  まず、自分の好き嫌いがハッキリしてくる。 絵を描き始めた方は、他の絵を知らないため、自分自身の絵の好みも漠然としている。 それが、色々な絵を見ていく内に、自分の好みが、分かってくる。 そして、比較することによって、目も肥えてくる。 これよりは、あれのほうが、良く描けているとか、好き勝手な批評は、人に吹聴しなければ、問題ない。 
  まず、人の絵を見よ。 それが、順番。
   
<教室日記>
 
  今まで、自分の制作で色々な描き方を試してきた。 支持体も洋紙・和紙・麻紙の紙類、キャンバス、板などを使用したが、今は、和紙と麻紙が多い。 絵具も水彩絵具、ガッシュ、インク、油絵具、アクリル、パステル、クレパス、鉛筆など。 
  その他、道具については、刺しペンが結構得意であり、Gペン一辺倒。 以前は、雑誌のカットで相当使ったが、今は全く使わない。 
  思い出してみると、10代の頃から、様々な絵を描き、色々なことをしてきた。 得るものがあったかは、分からないが、少なくとも今の教室では、その経験が生かされていることは、確か。 何が役立つのか、ホント分からないものだ。 
  10代の頃に描きたかった絵は、今はたいてい描ける。 では、満足かと言うと、トンでもない。 描けるものには、興味は湧かない。 描けないから描きたがるものである。 私の現実は、常に今描いている絵を何とかすること。 それだけ。 今、相当厄介な絵を描いている。 ほとんど、手に負えないが、何とか打破したいと、それだけを願っている。 
  ハタから見ると、目の前にニンジンをぶら下げた馬が、ただ、走っているだけかもしれない。 

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

<アート一口講義26>2012・5・1
Nパステルテキスト7本科応用模写見本画・海

通信講座パステル画見本

「スケッチせよ」

  スケッチは、絵を描く上で欠かせない勉強の一つだが、なぜか、絵を習っている人もスケッチはしたがらない。 外で描くのは、恥ずかしいのは分かる。 しかし、家の中でもしないのはなぜだろうと思う。
  絵を描くことがアウトプットなら、アウトプットばかりでは底は尽きる。 出したら、その分補充しないとならない。 アウトプットしたらインプットが必要である。 では、何をインプットするか?
  その一つがスケッチである。 食べ物に例えると、スケッチの栄養価は非常に高い。 だから、スケッチを多く描く人は、間違いなく上手くなる。 その栄養価は、瞬時にものを把握する描写力の向上、対応力の向上、リアリテイーの補充など重要な栄養素が詰まっている。 スケッチは、実は、デッサンとワンセットであるのだが、一般的には知られていない。 デッサンだけでは、絵は描けないと覚えよう。
 
<教室日記>

  口ヒゲを生やせば、アーテイスト。 
何でもそうだが、その仕事を長く続けていると、その仕事なりが、滲み出てくるのか、ハタから見て、何の職業が分かりやすくなってくるようだ。 実際、外見と職業が一致しているのが、望ましい。 第一、時間の節約になる。 例えば、絵画教室の見学者を応対した人が、ねじり鉢巻にゴム長靴、ダボシャツに腹巻をしたオチャンでは、不味かろう。 それが先生では、腰を抜かす。 
  しかし、世の中には、案外そんな感じの御仁もいる。 
ヨレヨレシャツに、ヨレヨレズボン。 サンダル履きで、頭真っ白ボサボサ。 いつも紙袋ぶら下げ、手にはタバコで、灰落ちそう、体を揺すりながら、善人丸出しの笑顔をしたオジ様を知っていた。  この方は、大学教授。 東京大学の数学科の先生で、若い頃は、「天才」と謳われた人。  
  こういう方の職業を当てるのには、時間が掛かる。

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術