アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2017・7・25(火)
「教室日記」

  木曜キッズ教室の中学3年の女子、 ちゃんと、小学5年の  君が、図鑑にあったちくわを描きっこしていた。
  どちらが、上手く描けるか、競っている。

決着が着かない。


  いきなり、 T ちゃんが、私の所に来て、

「先生!  ちくわ描いて下さい!」
「先生は、焼きちくわ」
「難易度上げます」


笑った。

  サラダ用 3 本セットの小振りちくわより、1 本売りの焼きちくわのほうが、難易度が高いらしい。 
  知らなかった。


これが、芸術的焼きちくわなんだと言いながら、描いてみせた。
  ついでにサインも。

「先生!  やっぱり、上手いな❗」

  と言ったが、そのあと 、 君と、二人がその絵の取り合いになった。


私も 20 代の頃、映周先生に絵を描かせたことがある。
  カッパがヤカンの水を、頭の皿に掛けている絵だった。

映周先生の絵は、ヘタだった。

「こう描くんだよ」

  と、言って、
私が描いた絵を見せた。
  映周先生は、笑いながら言った。

「そう言えば、そっちの絵のほうが上手いな」

  ちくわもカッパも五十歩百歩。
どちらが上手くても、大差ない。

  しかし、私の人生で、焼きちくわを描くチャンスは、子供にねだられない限り訪れることはないだろう。
  焼きちくわは、なぜか、新鮮だった。

映周先生も同じことを感じたと思う。




スポンサーサイト
2017・7・18(火)
「教室日記」

一昨日の日曜日に、教室にてクロッキー教室を開催した。

そのため、お休みの感覚が一日ズれてしまい、昨日の月曜を日曜と勘違いしてしまった。 ちょうど、祝日だったせいもある。

で、ブログを書くのを忘れた。


一昨日は、「夏の特別教室」の日だったが、自宅プリンターの不具合から、印刷不能になり、

特別教室午前のミニ実習講座関連の資料印刷ができず、やむ無く中止、

午後のクロッキー教室のみとした。


こちらは、人数が集まらず、10ポーズのところ、8ポーズにして、時間を短縮した。


終了後、西船居酒屋「加賀屋」で、乾杯。
飲み会だけの参加2名と合流した。


飲む理由は、人様々。
しかし、共通しているのは、

この時期、ビールを飲むために、一日があるような、

そんな気がする。


それほど、ビールが旨かった。


2017・7・11(火)
「教室日記」

制作関係で、共通して言えることは、どこまで神経質に考えることができるかどうか。

ほとんど、この1点で、良し悪しが決まる。


神経質に考え出すと、自然に迷宮に迷い込む。

迷宮に迷い込んだら、そこから制作が始まると考えていい。

あとは、どうやって抜け出すか、必死に考えることだ。


わが教室の生徒さんは、皆、いい絵を描きたいと言う。

でも、迷宮に迷い込むことは嫌がるし、迷い込んだら、抜け出そうとしない。

それでは、いい絵は描けない。


いい絵を描く方法は、いたって、シンプルだ。

楽して描きたいと望むから、難しくなる。




2017・7・4(火)
「教室日記」

  気温が急上昇してきた。

昨日は、朝から熱中症に注意するようにテレビで呼び掛けていたが、まだ、朝方は温度がそれほど高くない。
  
  午前10時半頃、チャリで出掛けた。 色々用事がある。
まず、下総中山駅方面に行き、それから教室に行った。 
  教室で、明日の準備をした後、下の勝俣公園で待つこと20分、クリーニングのオオタさんが来ない。

 教室で、シャツとGパンに油絵のウオッシングオイルをこぼしてしまい、オオタさんにクリーニングを頼んだ。
  電話をしたら、待ち合わせを忘れていた。

日を改めることにして、西船ドンキで、スーパーファイン用紙を探したが、なかった。
  仕方なく、二俣のコーナンのノジマヤ目指して真間川を下った。 自宅で会員展の作品集を印刷中だ。


川沿いなので、いくらか涼しいが、確かに温度は高い。

  正午頃、ノジマヤで、スーパーファイン用紙をゲット。 
そのまま、教室に戻って、制作の続きをやるつもりだったが、グタッと来てしまい、川沿いから見えた原木の
中華料理 「大幸」 の看板を目指してしまった。

  暑い! 

いきなり、夏かよ!

  と、思った。


大幸は初めて入った。 ちょうど、昼時で勤め人が多かった。

「ビール下さい」

  と、言ったら、全員にジロリと見られた。

冷たいビールが喉を通っていく。 周囲の羨ましそうな視線が心地いい。
  ここのラーメンの味をチェックしなければならない。


ラーメンは、まあまあだった。 
  また、来ようと思いながら、京葉道路の原木インターのチャリ用のクネクネ道を通りながら、結局、帰宅。

  予報通り、確かに暑かった。




2017・6・27(火)
「教室日記」

《基本からの脱却》

  わが教室は、絵の基本を指導している。
ほとんど、基本のみを反復指導していると言っていい。

  これは、絵の描き方には、純然たるルールがあるため、ルールを覚えるための反復指導である。
  ルールとは、描写に関することではなく、画面の作り方のことが、ほとんど。

どういう作り方をするものなのか、どういうことに気をつけ、どういうことをしてはいけないか。
  そのことを、作品を通して繰り返し指摘する。


絵は、人に何かを伝えるためにある。
  そのため、効率良く伝えるための知識・技術が必要だが、
数百年に及ぶヨーロッパ美術の蓄積が、19世紀に、この知識・技術を、ほぼ、完全なカタチで作り上げた。
  今の洋画系絵画教室は、この考え方を継承している。


絵は、一人でも描けるが、このルールだけは、教わらないと覚えない。
  したがって、独学で描いた絵には、大なり小なり、視覚的に問題があるのは、こういう理由による。
  過去のヨーロッパの天才たちが、数百年掛かって作り上げた理論を、いち個人が、独学で学べるものではない。


さて、では、基本を身に付けたなら、それで、十分だと、思いがちだが、そうではない。
  実は、絵のスタートラインは、基本を覚えたところに引かれている。
基本を身に付けたら、次は、本人の夢を、絵で語る順番であろう。

しかし、この夢を語ることは、容易ではない。
  自分の夢を語ることは、自分と向き合うことでもあり、結構、難しい話になってしまう。
また、極めて個人的な問題なため、スタートラインから先は、自分一人でやるしかない。

  しかし、同時に得るものも大きい。


自分を表現したいと願う気持ちは、誰にでもある。
  自分の存在アピールだし、存在価値の確認でもある。
ある者は、スポーツで、ある者は、バンドで、歌で、ゲームの得点で、コレクションで。

  酒を飲み、クダを巻くのも、ある意味、自己認識、自己アピールと言える。
とにかく、気分が良く、楽しいのである。
  世の中で、自己表現ほど、面白く、満足感のあるものは、そうザラにない。

絵のスタートラインから先は、そういう世界でもある。