アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2017・9・19
「教室日記」
 
  お試し希望の電話が掛ってきた。

お試しとは、2時間を2回やって1000円というもの。 受講者からすると大変お得なのだ。 
  教室としても、教室の紹介説明を短縮できるので助かる。 2時間説明しても、入会しない人は実際にいる。 


  そのお試し希望者は、まったくの初心者で、何をお試ししたらいいのか分からないと言う。 
  とりあえず、デッサンとうことで電話を切ったが、さて、どうしたものか?

デッサンは、単なる練習画なので、興味がなければ面白いものではない。
  その人が絵を描いてみたいと思った動機があるハズだ。

少なくてもデッサンではないだろう。 
  それが何であるのか分からないが、絵と言えるものから始めるのが正解だと思う。

  お試し受講で来た時に、水彩画かパステル画を紹介しようと思う。 
何を描いたらいいのか分からない人に、ヒントをあげるのも、私の仕事なんだろうね。
  
  
    
スポンサーサイト
2017・9・12(火)
「教室日記」

絵が仕上がった。

地方のコンクールに出品しようと思い、7月の初めから描き始めた。

教室西側窓下の夜景だ。
道路上の光りの洪水がテーマ。

わずか、2ケ月ちょっとの制作は、試練の連続で、止めようと何度も思った。

西側窓下には、これといった建物がなく、ただの夜景。
見る分には、きれいだが、描くとなると、どうにもポイントがなく、悩みに悩まされた。



まあ、結局、なんとかなり、出来も悪くない。

これで、私の夏に決着がついた。
それが、一番うれしい。



2017・9・5(火)
「教室日記」

さて、9月になった。

今年の夏は、どうお過ごしだったでしょうか。


実に、妙な夏だった。
梅雨の頃は、今年の夏は死ぬな、
と、考えるほど、暑かった。

しかし、実際は、雨ばかりで、こんな夏の経験は、過去にあったかどうか?


また、教室ブログ再開です。

私は、まだ、ちょっと制作があり、私の8月は終わっていない。
早く終えて、いい夏だったと、思いたいですね。


2017・8・1(火)
「教室日記」

  今日から8月である。 

すでに、十分に暑い。 

  今週5日土曜日に、午後6時から、毎年恒例の納涼祭を教室で開催する。
夏の人気のイベントだ。  教室西側窓から江戸川の花火大会を見物する。

  アート21祭りとして、2008年から開催しているが、
それ以前は、同じ5 階だが、北西の角部屋だったので、西側窓から江戸川の花火が見えなかった。


  昨日の土曜日に、船橋にジャンケン大会の景品を買いに行った。
納涼祭のジャンケン大会の景品だ。

  帰りに大輦(だいれん)という中華料理店に寄った。 
35度はあるだろうという温度の中、当然のようにまず、生ビール。 

  その店には、ソースラーメンがある。 
ソースラーメンは、船橋のご当地ラーメン。 ほんの気まぐれから、初注文した。 

  ヤキソバのスープ版。 
まあ、こんなのもありかなと思った。 


  さて、9月までこのブログは夏休みします。 
次回は、9月5日からです。

  今年も非常に暑い日が続きます。 
皆さん、良い夏をお過ごし下さい。

  また、9月にお会いしましょう。



 
2017・7・25(火)
「教室日記」

  木曜キッズ教室の中学3年の女子、 ちゃんと、小学5年の  君が、図鑑にあったちくわを描きっこしていた。
  どちらが、上手く描けるか、競っている。

決着が着かない。


  いきなり、 T ちゃんが、私の所に来て、

「先生!  ちくわ描いて下さい!」
「先生は、焼きちくわ」
「難易度上げます」


笑った。

  サラダ用 3 本セットの小振りちくわより、1 本売りの焼きちくわのほうが、難易度が高いらしい。 
  知らなかった。


これが、芸術的焼きちくわなんだと言いながら、描いてみせた。
  ついでにサインも。

「先生!  やっぱり、上手いな❗」

  と言ったが、そのあと 、 君と、二人がその絵の取り合いになった。


私も 20 代の頃、映周先生に絵を描かせたことがある。
  カッパがヤカンの水を、頭の皿に掛けている絵だった。

映周先生の絵は、ヘタだった。

「こう描くんだよ」

  と、言って、
私が描いた絵を見せた。
  映周先生は、笑いながら言った。

「そう言えば、そっちの絵のほうが上手いな」

  ちくわもカッパも五十歩百歩。
どちらが上手くても、大差ない。

  しかし、私の人生で、焼きちくわを描くチャンスは、子供にねだられない限り訪れることはないだろう。
  焼きちくわは、なぜか、新鮮だった。

映周先生も同じことを感じたと思う。