FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2020年7月7日(火)
「教室日記」

歩道脇にあった注意書きの看板を見て、笑ったことがある。

注意する文字を黄色で書き、あとは、黒で書いていた。
しかし、時間の経過とともに、黄色は色があせ、黒しか判別できない。

つまり、肝心の注意したいことが分からなくなっていた。


教室にも同じような事例がある。

教室図書の秋本不二春氏著作に、
「こまったときの水彩画110のヒント」がある。

この背表紙に、同じ表題が印刷されているが、

「こまった」と「110」が赤で、他が黒だったため、赤が飛んでしまい、背表紙には、

「 ときの水彩画 のヒント」

としか読めない。


言っては悪いが看板といい、この本といい、愚かな感じはぬぐえない。

一番しっかり残るのは、黒なんだと言う認識があってしかるべき。

と、私は思うのだが、どうだろうか。



スポンサーサイト



2020年7月1日(水)
「教室日記」

今、教室の空調器機を修理している。
経緯が、ちょっとややっこしいので省くが、新品を修理中。

新品にしたのは最近のことで、ここ一ケ月くらいは、旧空調機の送風を冷房代わりに使用していた。

つまり、旧空調機が壊れたので、新品と交換したら、新品も調子が悪いということ。

業者の方が、頑張っているので、今は、暑くても、「忍」の一字。





2020年6月24日(水)
「教室日記」

キッズ教室出身者で美大を目指す子は、少なくない。

すでに、入学した子や卒業した子もいる。

不思議なのは、キッズ教室時代に、それほど、絵を描くことに熱心だったかなと思うこと。

普通だった子が、ある日、突然目指すのである。


今のキッズ教室を見ていて、絵に向いてるなと思う子はいる。
しかし、こういう子が美大を目指すとは限らない。

人の夢だけは、見当がつかない。





2020年6月16日(火)
「教室日記」


西船橋に、クラフトビールの専門店があることを、教室の情報通から教えてもらった。

クラフトビールは、地ビールのことで、その土地土地で小規模に醸造され、高級ビールの意味合いがある。
個性的で、
旨いのである。

ビール好きには、堪らないわけだ。

北口から歩いて数分だが、私が滅多に行かない方向なので、気が付かなかった。

西船には、私が名店と呼ぶお店(主に居酒屋系)が、数店あるが、一つ増えたかも。




2020年6月9日(火)
「教室日記」

梅雨なのか、初夏なのか、分からない季節感が、最近の傾向のようだ。

夏のような蒸し暑さと紫外線が、コロナ抑制に有効との説に期待しているが、マスクが暑さのせいで、うっとうしくなってきたのは、困ったもんだ。