アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2018・2・20(火)
「教室日記」

絵が、先週の金曜午後9時過ぎに仕上がった。

翌日の朝9時前には、搬入業者が取りに来た。
ギリギリだった。

ほぼ、イメージ通りだが、審査前なので、ここでご紹介できない。


新宿に実際にあるライブハウスを参考にして、照明とミラーボールの光りと影がテーマである。

昨年夏に制作した絵は、教室の西側窓下の夜景を描いた。
これも光りと影。


今回は、天井からのライトと、ミラーボールの光りがあるため、思い切り
光りが描けた。
前々回が夕日なので、光りと影シリーズもひとまず行き着いた感あり。


次回作もすでに考えてあり、風景ばかり3作描いたので、次回は人をテーマに描きたい。
まだ、制作の緊張感が抜けないので、すぐに始められるが、今必要なことは休息すること。

年齢的に、まだ、頑張れるが、終わったあとにしわ寄せが来る。
ガクっと来る。

こればかりは、どうしようもない。


しばらくのんびりする。
それから、また、スタートだな。



スポンサーサイト
2018・2・13(火)
「教室日記」

あい変わらず、締め切りに追われている。
搬入業者の都合で、締め切りが早まってしまった。

作業も最後の追い込みをかけているが、計算より数段進行が遅く、ヒヤヒヤの日々が続いている。

心臓が丈夫で良かった。


2018年2月6日(火)
「教室日記」

教室の冬休みから描いている絵は、地方展に出品する。
その搬入締め切りが、2週間を切った。

仕上がりイメージは、掴んでいるが、細かい描き込みが、まだ、色々あり、
今週の作業がヤマ場と踏んでいる。

イメージ通りか、否かで良し悪しが決まる。
否、の場合は、完全に失敗。

今回は、そのことがハッキリしている絵だ。

失敗したら、送付しない。

額サイズが宅急便で送れるサイズを上回るため、引っ越し用の荷物運搬扱いになるため、送付料も片道1万円を超える。

さらに、作品返却は着払いなので、往復で2万。

出品料1万は、すでに振込み済みなので、出品したら3万飛ぶ可能性大。

損失額は1万に抑え、今回の勉強代とするのが妥当だろう。


まだ、確定したわけじゃないが、金計算は、大事ですよね。



2018・1・30(火)
「教室日記」

結膜炎になった。

髪の毛が上のまぶた裏側に刺さり、眼球を傷つけ、結膜炎を引き起こした。

眼帯生活。

ものがよく見えないので、絵画教室の先生としては、はなはだ、支障がある。

芸能人は歯が命、絵画人は目が命、空巣は勘が命。

不便です。

2018年1月23日(火)
「教室日記」

昨日は、教室が休みなので、教室で今描いている絵の続きをした。

教室の西側窓は、大きく開けており、天気が良い日は気持ちいいが、悪天候は、ノーグッド。

昨日は、極めつきのノーグッド。

雪が、勢いよく横に降っていた。
予報通り10cmは積りそう。

東京近辺は、雪対策は、ないに等しいので、10cm積ったらマヒする。

まあ、泣く子と自然には勝てないよなぁ~。