アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2017・10・17(火)
「教室日記」

  つい先日の朝、寝床の中で、ふと、抽象画のアイデアが浮かんだ。
面白いアイデアだ。 

  そのまま、想いを巡らせていたら、次々と別バージョンが浮かんだ。
これは描くしかないと思った。 


  抽象画から具象画に転向して6年経つ。 
今は、自分なりの具象画の制作スタイルを築きつつある。 

  抽象画は今さらなのだが、20年描いたので、ハッキリとした制作スタイルがある。 お手のもんなのだ。
  ただ、浮かんだアイデアが厄介なアイデアで、物理の法則に逆らうため、どうしたら実現するのか考えなければならない。

  どういう方法でやるか、まず、実験しようとか、頭から離れないので、やってみることにした。

  たまには、寄り道もいいかなと。 

絵の制作は無駄がない。 
  経験したことは、抽象、具象の別なく、血となり肉となる。

そういう意味では、やってみる価値はある。



 
スポンサーサイト
2017・10・10(火)
「教室日記」

  このところ、暑い日もあり、寒い日もあり、ジェットコースター気候が続く。 

教室も、窓を開けているだけでは足りず、午後2時頃には、クーラーを一つだけ入れたり、温度調節が忙しい。
  夜になると、温度がグ~んと下がるため、思わずクーラーを入れっぱなしにしたかと思うと、自然温度だったりする。

10月の気候って、何度ぐらいだったか、分からなくなってきた。

  
  絵を描く最適な温度がある。 暑からず寒からずだ。

集中力がいる作業なので、温度はモロに影響する。
  絵画教室は、最適な環境を提供することも、仕事の一つと考えるため、温度には気を使う。


しかし、それも時期の問題で、4月頃に暑い日があってもクーラーは入れない。
  子供たちが、

「先生! 暑いからクーラー入れて!」

  と、騒ぐ。


「ハイ! ウチワをほしい子は、手を挙げて!」

  と、いなす。


連中は、冬でも言い出しかねない。




2017・10・3(火)
「教室日記」

  10月になった。 

10月には、月末に「キッズ教室展」がある。 
  7月から始まったコンクール出品作品が終わるや、すぐに、教室展用の工作などを作り始める。 
  紙ネンド工作や箱工作など。 
 
場所をとるものは、10月から作り始めるので、子供たちも忙しい。
  私は、個々の進行具合を常に見張るため、10月に入ると、最後の展示作業も含め、追われるような気分になる。

  今年最後の大きなイベントは待ったなし。

ガンバ!

  だな。




2017.9.26(火)
「教室日記」

  一昨日の日曜日に、新宿で飲み会があった。 

絵描き仲間と久しぶりの再会。 この前会ったのは、6月の上野だった。 
  3ケ月ぶりなので、それほど久しぶりでもないか。 新宿が久しぶり。


せっかく、新宿に来たので、絵の資料用に街の写真を撮った。
  待ち合わせ時間の1時間前に着き、西口の高層ビル群や、思い出横丁、東口駅前を撮りまくったが、なかなか、使えそうな写真は撮れるものではない。

  やはり、片手間ではなく、一日がかりで歩くつもりでないと、いい場面には出会えないと思った。

  なんでもそうだが、本気と根気だな、

やっぱし!




2017・9・19
「教室日記」
 
  お試し希望の電話が掛ってきた。

お試しとは、2時間を2回やって1000円というもの。 受講者からすると大変お得なのだ。 
  教室としても、教室の紹介説明を短縮できるので助かる。 2時間説明しても、入会しない人は実際にいる。 


  そのお試し希望者は、まったくの初心者で、何をお試ししたらいいのか分からないと言う。 
  とりあえず、デッサンとうことで電話を切ったが、さて、どうしたものか?

デッサンは、単なる練習画なので、興味がなければ面白いものではない。
  その人が絵を描いてみたいと思った動機があるハズだ。

少なくてもデッサンではないだろう。 
  それが何であるのか分からないが、絵と言えるものから始めるのが正解だと思う。

  お試し受講で来た時に、水彩画かパステル画を紹介しようと思う。 
何を描いたらいいのか分からない人に、ヒントをあげるのも、私の仕事なんだろうね。