FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2020年2月25日(火)
「教室日記」

大変な2月になった。
3月も先行き不透明。

コロナウイルスの話だ。

お湯を飲むと、コロナウイルスを防げるのは、デマらしい。
30度やそこらの温度で、ウイルスが死滅することはあり得ないと専門家のコメント。

確たる対応策がないので、噂が拡散してしまう。

そっちのほうが怖いかもしれない。


スポンサーサイト



2020年2月18日(火)
「教室日記」

新型コロナウイルスが猛威を奮っている。

どうなってしまうのだろうか。

わが教室には、子供教室もあるが、今のところ休講していない。
自己判断でお願いしている。

休講のお知らせをしても、来てしまう子がいる。
こう言っては悪いが、お知らせを見ない、勘違いするなど、アテにできない親御さんが少なからずいる。

そのため、教室は普段通りに開ける。
教室に来ても、開いてなかったという事故を減らすためだ。

2011年3月11日の東北沖地震の翌日が土曜日であった。
あの騒ぎの中でも、半分以上の子が、当たり前のようにやって来た。

今回の騒ぎが、早く沈下することを願って止まない。





2020年2月11日(火)
先日、船橋に出向いた際、
立ち飲みのコーヒー店を見つけた。

JR の高架下の路地に、ポツンと店を出していた。
場所的に好条件とは言いがたいが、何か見つけた感があり、中々いい感じがした。

是非、長続きして、癒しのスポットになってほしい。


2020年2月4日(火)
「教室日記」

世の中、新型肺炎で大騒ぎになっている。

教室でも、中国人の生徒さんが春節で帰国したため、教室復帰は3月からにお願いしたり、ヨーロッパ帰りの生徒さんには、帰国後、復帰は2週間後で頼んだり、色々対策を講じている。

二人ともLine連絡だが、便利になったものだ。

通信機能の充実は、人を身近にするが、
良くない面も当然ある。

先日、年輩の生徒さんから授業の予約が入った。

午前2時だった。

たまたま、起きていたが、こういうのは、勘弁してほしい。


2020年1月28日(火)
「教室日記」

先日、知り合いがグループ展をやっているので、銀座まで足を運んだ。

春節で訪れた中国人を多数見かけたが、同じ青いマスクをしており、一目で中国人の団体だと分かった。
かなり、神経質になっているのが分かる。

曇天のせいか、気のせいか、久しぶりの銀座がどんよりしていた。